記事

日本の緑の党の苦労

 昨日、日本の「緑の党」関係者と意見交換をした。5人以上の国会議員が所属しているという政党要件を満たさない政党が、国政選挙にチャレンジするのがいかに困難かがよくわかった。

 「緑の党」のようにワン・イシュウ政党は、小選挙区で勝つことはむつかしく、多くは比例区でチャレンジすることになる。しかし、日本では比例選の供託金が高額なために、衆参の比例選挙に立候補者を出すためには数千万から数億円の供託金が必要となる。これが最大の難関なのだ。

 例えば衆院選で、政党要件を満たさない政党から比例選に立候補するには、各ブロック毎に定数の2割以上の候補者を出さなくてはならない。全ブロックから候補者を出すと最低42人が立候補することになり、供託金は1人600万円なので、全体では2億5000万円を超える資金が供託金だけで必要となる。参院でも全国比例で10人以上の候補者を出さなくてはならず、6000万円以上の供託金が必要となる。

 私は1974年の参院選全国区で市川房枝さんに立候補してほしいと「勝手に推薦する会」を立ち上げて、供託金を集めたことがある。この時は成功したが、今の制度では当時以上にハードルが高い事が分かった。

あわせて読みたい

「緑の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  5. 5

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  10. 10

    野党の卑しい不信任決議案に反対

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。