記事

人生はコールオプションだ。みんなやりたいことをやれ!

方々のブログやツイッターで話題になっていたソフトバンクの孫さんの新入社員へのスピーチを聞いてみた。


孫正義LIVE2011(全編)


このスピーチ2時間もあるんだけど、なかなか面白かった。
10時から見始めて、ようやくさっき終わったよ・・・

孫さんというのはやっぱりすごいひとなんだなー。

で、彼のスピーチから学んだことは、人は死ぬ気でがんばればすごいことができるもんだなーということと、とにかくリスクをがんがん取った方がいいということ。

僕は常々思っていることなんだけど、人生ってのはコールオプションなんだよ。

外資系証券会社のトレーダーは、もうかればボーナスがたくさんもらえるし、損してもなんにもお咎めなし(最悪、首になるだけ)ということで、金融危機のときは、トレーダーの仕事はコールオプションだと随分と非難されたんだけど、実はそんなこといったら人生そのものがコールオプションなんだよね。

だって、先進国で普通にお役所で書類をかけるぐらいの事務処理能力のある人が、食べ物が買えなくて餓死したって聞かないでしょ?
それにお金で買えるものって実は非常に限られているんだよね。
現代社会では、年収3000万円の人と年収200万円の人の生活水準って、実はぜんぜんちがわないんだよ。

フランス料理のフルコース毎日食べるわけにもいかないし、どんなに高い家に住んでたって、基本、家なんて寝るためだけのものだからね。
ヨシ牛なんて十分美味いし、ユニクロのジーンズもなかなか着心地いいよ。
家具なんてIKEAで買えば十分だし。
年収が高くても、高い時計買ったり、速い車買ったりぐらいしか使い道がないんだよ。

それでそういうものは今時本人以外誰も大した物と思ってない。

だったらでかいこと目指してがんがんリスク取った方がいいよね。
しかも、サラリーマンの場合、大きなリスク取って失敗しても、意外と全然首にならないし、むしろ出世したりするぐらいなんだよね。
なかなかみんなリスク取らないから、そういう失敗の経験ってのは実はすごく希少価値があったりする。
ウォール街のトレーダーは5億円やられたら次の職はないけど、500億円やられたら次のオファーが殺到するといわれているぐらいだ。

もう、だからサラリーマンはリスク取れるだけ取った方が得なんだよね。
最悪首になっても、会社からものすごく丁寧な言葉で「自分から辞めていただけませんか」なんていわれて割り増し退職金までもらえるのが大企業だよ。
こんなのリスクだと思ってたら脳みそが溶けているとしかいいようがないよね。

失敗して、会社がさらに次の事業の資本金までプレゼントしてくれるんだからさ。
あ、もちろん犯罪はNGよ。
法律守ってる限り、サラリーマンはリスク取れるだけ取った方がいいという話。

みんなもなんか大きいプロジェクトをぶち上げて「これやらしてください」って上司にいえばいいんだよ。
上司がものわかりが悪かったら、その上の人、その上の人って直接いえばいい。
で、最後は「責任は私が全て取ります」っていえばいいんだよ。
だって、どうせ責任なんてとれないんだから。

みんなどんどん起業したらいいよ。

失敗しても日本ではぜんぜん衣食住に困らないわけだしさ。

しっかし、孫さんのスピーチ聞くとさー、日本の政治家とか官僚ってちまいよね。
50歳、60歳になった時に、たかだか2000万円とかの退職金をせしめるために必死こいて天下り団体をたくさん作って、そんなちまい金のために利権を正当化するための変な政策で500兆円のGDPの日本経済をねじ曲げるんだからね。

人生はコールオプション。
リスク取ったもん勝ち。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  3. 3

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    朝日に反論 演説中のヤジは妨害

    深沢明人

  5. 5

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  6. 6

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  7. 7

    朝日世論調査の質問に「偏り」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  9. 9

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

  10. 10

    よしのり氏「文春の記者は馬鹿」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。