記事

夏休みの自由研究で"親のレベル"がわかる

1/2

夏休みの宿題といえば「自由研究」。テーマがみつからず、市販の「ネタ本」に頼ってしまう親子も多いようだ。しかし塾講師の筆者は「結論ありきの『ネタ本』に頼ると、子どもの学力は伸びない」と注意する。さらに「難関校を目指す『できる子』は、遠くに出かけなくても、近場でテーマをみつけてくる」という。親はどこに子どもを連れ出せばいいのか。2つの具体例を紹介する――。

■夏休みの「自由研究」の出来不出来は「家族の偏差値」か

「早く9月になればいいのに……」

わたしの母は夏休みによくこうつぶやいていた。夏休みに暇を持て余してゴロゴロしている子(わたし)を見かねて、1日も早く学校が始まってほしいという皮肉をこめていたのだろう。

一方、「そんなに早く9月が来ては困る! だって、子どもの宿題がなかなか片付かないのだから」と悲鳴を上げたい親もいるのではないか。夏休みに課される宿題の中でも、子どもがもっとも苦しむのは「自由研究」だろう。いつまでたっても手をつけない子どもに親のほうがやきもきしてしまう。

「家計が厳しい」「休暇の予定があわない」……。もろもろの事情で子どもを旅行へ連れていけず、自由研究のネタを提供してやることもできないと焦っているご家庭も多いかもしれない。

自由研究対策の「ネタ本」は懇切丁寧だからダメ

ご安心あれ。

近場に目を向けると自由研究のネタは案外ゴロゴロ転がっているものだ。書店にはこの時期、学校の自由研究対策の「ネタ本」がずらりと平積みされている。それらの多くは子ども向けに懇切丁寧な説明がなされている。非常に便利である。しかし、そうであるがゆえに自由研究の内容を限定してしまうというデメリットがある。「懇切丁寧」がかえってよくないのだ。

そこで2冊の本を紹介したい。自由研究のために執筆された本ではない。自由研究のマニュアルではない。そこがいい。子どもに創意工夫する余地を残している。完成した自由研究の出来不出来はともかく、子どもなりにこの本を参考にすれば、オリジナリティーあふれる内容をリポートできるはずだ。

■「鉄腕ダッシュ」流の潮干狩りで東京湾を知る

まずは1冊目。木村尚著『都会の里海 東京湾』(中公新書ラクレ)である。

木村尚著『都会の里海 東京湾 人・文化・生き物』 (中公新書ラクレ)

著者の木村さんは、テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系、毎週日曜夜7時)の人気コーナー“DASH海岸”にレギュラー出演している海洋環境の専門家だ。本書は大人向けなので、少し難解な表現もあるが、小学校高学年であればなんとか読めるレベルである。

東京湾に対して、多くの人は「生息する魚介類の数に乏しい、汚染された海」というイメージを抱いているかもしれない。ところが、本書を読むと、東京湾には世界でも稀にみる豊かな生態系があり、魚だけでも約700種類が確認されていることがわかる。

本書では、東京湾の内湾・外湾の双方、そして河口付近に生息する生き物たちを細かに解説している。数多くの食べられる魚介類の写真も掲載されていて、見ていると思わずおなかがすいてしまうほどだ。

自由研究におすすめしたいのは「貝」である

その中で、わたしが夏の自由研究のネタでおすすめしたいのは「貝」である。

たとえば、お台場海浜公園、葛西海浜公園……。葛西海浜公園にまで足をのばせば、干潟で本格的な潮干狩りに興じることができる。

本書に詳解されているが、巣穴にたっぷりの塩をふりかけて、それに驚いてニョキッと出てくるマテガイ採りなどは大人も大興奮まちがいない。実際にわたしも採ったことがあるが、その楽しさに時間を忘れるほどだった。長時間しゃがんだ姿勢はしんどいはずだが、それが気にならない。子どもなら、なおさらだ。

その他、アサリやホンビノスガイ、シオフキ、ハマグリなど、いろいろな貝を干潟で見つけてそれらを自由研究の題材にすることもできる(試しに「マテガイ」でネット検索すれば、その採取の様子を撮った動画がたくさん見つかる)。

春のイメージがある潮干狩りだが、本書に目を通すと夏でも十分楽しむことができることが分かる。酷暑の中、潮干狩りは少々ヘビーに感じるかもしれないが、だからこそ、混雑を避けられ、潮干狩りに専心できる時期ともいえる。もちろん、暑さや日光への対策をお忘れなく。

また、千葉県まで車を走らせれば、盤洲干潟(木更津市)、三番瀬(市川市・船橋市)など規模がさらに大きな干潟で充実した時を過ごせるはずだ。

ちなみに、「しながわ水族館」の1F(海面フロア)に「東京湾の干潟と荒磯」「品川と海」「東京湾に注ぐ川」の特設コーナーがある。潮干狩りの帰り道に立ち寄ってみると、自由研究の内容を一層深めることができる。

あわせて読みたい

「夏休み」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  2. 2

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  4. 4

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  5. 5

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  6. 6

    自民党「圧勝」は死票による虚像

    猪野 亨

  7. 7

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  8. 8

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  9. 9

    舛添氏 自民勝利で小池氏に皮肉

    舛添要一

  10. 10

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。