記事

脱法動画業者のおぞましい暴走を止めることはできないのか


【暴走する脱法動画業者を止める方法はないのか】

 海外のサーバーを利用することで、日本の法律で取り締まられることから逃げる脱法動画による被害が後を絶たない。この制作者たちは、多くの関心を集めるために、ネットで吹き荒れる排外主義に寄り添ったいびつな映像を、とても合法とは思えない手段で制作することまでしていた。ライターの森鷹久氏が「たかが動画」では済まされない、脱法動画業者によって起きている摩擦についてリポートする。

 * * *
 片言の日本語で、撮影の中止を懇願する”中国人留学生”とされる若い女性。女性の周りを、複数の男性が取り囲む光景は異様としか言いようがない。女性は、ギャラは半分でもいい、病気が怖いし赤ちゃんが産めなくなる……と現場責任者らしき男性に涙で訴えるが、要求は受け入れられない。結局、撮影は始まってしまう。映像の最後、ボロボロになった女性は男らに担ぎ上げられ、プールに投げ飛ばされる──。

 これは2013年、ネット上のアダルトサイトにアップされた、違法なAVのおぞましい内容だ。ビデオの紹介文には「中国人留学生が学費のためにAVの世界へ」「日中問題の格好のネタになりたくないのでヤバくなったら消す」「証拠隠滅の為に配信停止の可能性も」などと列記されており、ユーザーらによる「素晴らしい」「興奮する」「(ずうずうしい中国人への)仕返しは面白い」といった映像を高く評価する書き込みも確認できる。

 4年前のこの映像が、ネット上の中国人コミュニティで波紋を広げている。

「日本のAVは好きだが、これはあまりにもひどい。演技だったとしても、なぜこのような設定にする必要があるのか? 中国人がこれを見て、良い気分になるわけがない。どうかしている」

 筆者にこのビデオの存在を教えてくれたのは、幼少期に家族で日本に移り住み、現在は都内のIT会社に勤務する劉さん(33)。劉さんと筆者は、数年前にナイトクラブで知り合って以降、定期的に酒を飲んだり食事をする仲だ。筆者が既婚者であるにも関わらず、頻繁に合コンに誘ってくるなど高い社交性が彼の魅力だが”このようなビデオを見て森さんはどう思うか”と、珍しく憤慨していた。

 ちなみに、海外に設置したサーバーを用い、日本人向けに日本人女優の登場する無修正AVを配信する脱法サイトは複数あるが、これらのサイトは中国や韓国の男性たちからも多大な支持を得ている。中国系のサイトには、日本人向け脱法サイトで映像が配信されるや否や、即日コピー映像がアップされる。それを日本国内のユーザーが閲覧するなど、脱法が脱法を呼び込む巨大な闇空間が形成されているのだ。

 話を戻そう。劉さんだけでなく、多くの中国人が件の”映像”に憤慨しているというが、当然だろう。筆者も早送りでつまみ見したが、女性や外国人の人権を蹂躙しており、とても正視できるものではない。右派を自称する筆者にとっても、まさに日本の評判を貶めるような、特に受け入れがたい内容である。

「私は歴史問題にはそこまで興味がない。日本も悪いことをしたが、中国だって悪いことをした。大切なのはこれから。アジアは特に仲良くしなければならないのに、日本人はなぜこういうことをするのか、そして喜ぶ人がいることはとても悲しい」(劉さん)

 申し訳ない、と一言謝ればよかったのか。筆者には返す言葉もなかった。というのも、劉さんが教えてくれた動画以外にも、実は韓国人女性を対象にしたAVもネット上に出回っている。

 韓国国内にまでわざわざ出向いた日本人の撮影クルーが、韓国人女性を言葉巧みにホテルなどへ連れ込み、性的ないやがらせを行う、といった卑劣な内容だ。もちろん「演技だ」「仕込みであり、ヤラセだ」という意見もあろうし、そうかもしれない。ただ、激怒して部屋を出る女性をニタつきながら見送る日本人男性スタッフの表情を見ていると、これが演技であれなんであれ、なぜこのような映像が制作されねばならないか、全く理解できない。

 この映像にも「朝鮮人」「整形女」「貞操観念が低い韓国の女」といったコメントがつく。全く信じたくないが、実際に映像は制作され、それを見て喜ぶ日本人が存在する。

 このような非道なAVがなぜ制作されるのか。ネット上のAV業者が”何をやっても良い”とタカをくくっているからこそ起きた問題であることは間違いない。未成年者が出演する、口車に乗せられた女性が強制的に出演させられるといった問題が続出しているのも、業者の低い遵法意識とモラルの無さ、金さえ稼げれば良いという、極めて身勝手な歪んだ性質に起因するものであることは火を見るより明らかだ。その身勝手な考え方は、偏狭な排外主義まで商売道具にするおぞましさだ。

 脱法だからと、このままでよいはずがない。趣味の追求では済まされないところまで、これらの動画は広がってしまった。この、恐ろしい世界は広がるばかりなのか。破綻が待っているだけではないのか。

 いびつな闇のネット世界が壊れる前に逃げだそうということなのか、ネット上に違法動画を供給し続ける脱法業者サイトの一部が「閉鎖」を宣言し始めた。今年に入ってからは、前述のような脱法業者や関係者の摘発が相次ぎ、日本当局も国家をまたいでの捜査に乗り出した。業者のケツ持ちに、指定暴力団や半グレ達が暗躍しているとの指摘も相次ぎ、いよいよその全貌が明らかになりつつある。

 泥舟から一目散に逃げ出したつもりだろうが、被害女性達の心の傷も、彼らの罪も、そして女性達の映像も、その映像にこめられた歪んだ思想も、永遠に消えることはない。

「数年前に、撮影が原因の死人まで出した鬼畜系AV制作会社の関係者が、ネットの脱法アダルトサイトの制作にも関わっていると言われています。複数の強姦傷害の罪で執行猶予や、懲役を受けて出てきた連中が懲りずにやっているのです」

 AV制作会社の現役ディレクターが、筆者に打ち明ける。業界でもとくに悪辣なグループが行っているということらしいが、同業者や業界団体がけん制して制作をやめさせることはできないのか。脱法を隠れ蓑に、何ら悪意なき人々を陥れ、小銭だけを持ち去りあとは知らんぷり、そういったことは許されてはいけない。得をするのは卑劣な連中だけ、私たちにとって、社会にとって、一つもいいことがないということを、強調しておきたい。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  3. 3

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  4. 4

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  6. 6

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  7. 7

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  8. 8

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  9. 9

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

  10. 10

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。