記事

無残!安倍訪朝だったのか

「朝ナマ」で憲法9条の「加憲」問題を全然議論しなかったのは、田原総一朗が北朝鮮に異常にこだわっているからだ。

田原氏が安倍晋三に政治生命を賭けた行動を進言したらしいと聞いていたが、それは「安倍訪朝」だということが判明した。多分、「訪朝して平和条約を結んで、一気に北朝鮮問題を解決したら、後世に名を残すぞ」と言ったのだろう。安倍晋三は朝鮮総連と深い関係だから、そのルートを使えば、金正恩と直接対話ができるということか?

そしてなんでウーマンラッシュアワーの村本が出ていたのか不思議だったが、「北朝鮮との対話」を主張させるための仕込みだった。

だがアメリカが、この緊張状態で、安倍晋三の「対話路線」を許すのか?
さらに、韓国大統領との対話は蹴られたのに、日本が出し抜くことを韓国政府が許すか?

核ミサイルの開発を金正恩は絶対に止めない。
これはアメリカが説得しても無理である。
なのに、なんで日本が説得できるのだ?

もし「安倍訪朝」が実現したら、金正恩に何を「見返り」で渡すつもりか?
そしてプーチンに騙された失敗外交が、また繰り返されるのである。
自称保守&ネトウヨって、こんな幼稚な安倍晋三を妄信して、真の底から馬鹿だよなあ。

あわせて読みたい

「ミサイル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  6. 6

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  10. 10

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。