記事

森友・加計問題をトヨタと一緒にする愚

全然眠れんから「朝ナマ」について書いておこう。

まず安倍晋三と会食した三浦瑠麗が、森友・加計問題は大したことないと思っているのは知っているが、驚いたことに「トヨタはどうなんだ?口利きの現場を知らないのか?」とえらそうに言っていたことに呆れた。

トヨタ自動車は政府に「口利き」して、円安誘導してもらって儲けていると、三浦は思っているらしい。
それってトランプ大統領が、日本の自動車メーカーに文句言ってた論理と同じじゃないか!いいのか?

これまでの日本政府が自動車産業を優遇してきたのは、例えばトヨタに儲けさせれば、その傘下の中小零細企業まで、すべてにトリクルダウンがあるという原理原則があったからだろう。
それは多くの労働者に利益が滴り落ちてくるという時代があったからだ。
この原則はグローバリズムでもう成立しなくなっている。 

いずれにせよ、トヨタ自動車は安倍晋三の「お友だち」による「口利き」とは関係がない。
森友・加計問題は、「縁故主義」であって、傘下に多くの労働者を産んだり、経済発展に資する「公」のための「規制緩和」政策ではない。
特区制度に名を借りて、「規制緩和」を利用して、加計学園だけに「規制強化」するという、歪められた行政なのだ。

あくまでも数十億の補助金や、私学助成金などの国税が注ぎ込まれて、国の財産である土地を安倍の「お友だち」にタダでプレゼントする政策であることを忘れてはならない。

森友・加計問題に関する重要テーマは、「縁故主義」「特区制度」「規制緩和」「公務員の役割り」「行政文書の管理」等々、多くの問題点を抱えている。

三浦瑠璃や、彼女の色気に惑わされた東浩紀などが、ひたすら森友・加計問題を矮小化し、これを扱うマスコミや国民を馬鹿にしているが、おまえたちこそ大馬鹿だと言っておく。
しかし、トヨタ自動車と同じだと思っているとは、三浦も東浩紀も、それで東大出かよと言いたくなるほど馬鹿だな。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  4. 4

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  5. 5

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  6. 6

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  7. 7

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  8. 8

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  9. 9

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  10. 10

    プライムデー Amazon製品半額も

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。