記事

いまからVALU(バリュ)を始めようかな? と思っている人のためのユーザーガイド

1/2
VALU(バリュ)は個人の人気をあたかも株式のようにトレードするサービスです。

但し法的にはVALUは株式ではありません。むしろトレーディング・カードのようなものだと思ってください。

そういう言い方でピンと来なければ、単なる人気投票だと思ってください。

VALUは、誰でも申請することが出来ます。但し、審査があります。

VALUを申請したら、運営側があなたのフェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどでの活動実績をチェックします。

あなたのSNSでの活動実績に応じて、スタート時点での「手持ちBTC」が言い渡されます。

BTCはビットコインの略です。

ビットコインは仮想通貨のひとつです。8月12日現在のビットコイン価格は約40万円です。

たとえばあなたの「保有BTC」が2BTCであれば、持ち駒80万円からトレードがスタートするのです。

トレードをするにあたって、自分は幾らの値段でBTCを売り出したいか? を選択できます。その際、初値は、なるべく低く設定してください。

その理由は、いまビットコインの価格がどんどん上がっているので、初めから自分の売出しBTC価格を高く設定すると、単価が高くなってしまい、皆が気楽にあなたのVALUを「ポチる」ことがむずかしくなるからです。

VALUは、基本的には「遊び」なので、心理的な敷居は、低い方が良いのです。

さて、初期単価をなるべく低く設定するということは、逆の見方をすれば、株数はなるべく多い数を選択すると良いでしょう。(たしか5万VAが許される最大の発行済みVA数だったと記憶しています。それを選択してください)

ここまでの作業をやれば、いよいよトレード開始です。

まずあなたのVA(=VALUの略です)を売りに出してください。
【注意】あなたが先ずVAを売りに出さないと、いつまでも取引は成立しません!
最初の売出しは、小さければ、小さいほど良いです。僕なら1VAだけ売りに出します。

トレード初日は、運営側が定める「初値」と同じ値段で売り出すことが強制されます。だからその値段を選択してください。

トレードを入力する際、二段階認証というものを要求されます。

Authy(オーシー)というアプリをスマホにダウンロードし、そのアプリをインストール後、開くと、30秒ごとに6ケタの暗証番号をどんどん表示します。その暗証番号を取引き確認画面に入力する必要があるのです。

自分の売り注文が画面に表示されたら、もうその日は何もやらなくて結構です。

ところで、自分のVALUの存在を知ってもらうためには、VALUの「いまどんな感じ?」という欄に、自分からのメッセージを書く必要があります。これはフェイスブックで言えばタイムラインに相当します。

「いまどんな感じ?」は、ツイッターやインスタグラムと連動させることもできますが、面倒がらずに、ちゃんとそれらとは別に書き込みした方が良いです。

なぜなら、「いまどんな感じ?」欄に直接書き込んだメッセージには、他のVALUユーザーが「いいね」することができるし、コメントを受けることもできるからです。このコメント欄は、普通、有益なアドバイスが多いです。

あわせて読みたい

「VALU」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  4. 4

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  5. 5

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  6. 6

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  7. 7

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  9. 9

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  10. 10

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。