記事

飲酒運転で無期限謹慎中 ガリガリガリクソンが記者を挑発 - 「週刊文春」編集部


釈放直後は神妙な様子だったが…… ©共同通信社

「ミナミで酒を飲んだのは覚えているが、運転していたことは覚えていない」

 5月12日、ハイボールを大量に飲んだ後、車を運転。大阪市中央区内の路上でパンクさせ、車内で寝ているところを警察官に発見され道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕された吉本興業所属の芸人・ガリガリガリクソンこと坂本祐介(31)。略式起訴後、大阪簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、現在は自宅で「無期限謹慎中」(吉本興業関係者)だが、反省している様子はまったくない。

◆ ◆ ◆

 謹慎中のガリクソンの様子は意外なところから伝わってきた。

「彼の趣味のひとつは株式投資なんですが、逮捕後も、その界隈では活発に発言してます」

 そう明かすのはガリクソンの株仲間だ。昨年9月には100万円を元手に1億円を目指すという名目でブログを立ち上げ、有名投資家などと情報交換していたという。

「逮捕から約1週間後には別名のツイッターアカウントを作って『割れ目に突っ込むんだよ! オトコだろ!』などと下品な株ネタを連発していました。ですが、フォロワーに“ガリクソンではないのか”と指摘されると、『誰と間違ってんだよ』などと慌てて否定していました(笑)」(同前)

 ガリクソンはツイッターアカウントに鍵をかけ、特定のフォロワーにしか投稿を見られないように設定したという。

「その後はやりたい放題で自身が入浴中の動画を『カブドットコム証券CM 地獄バージョン』としてあげたり、つい先日も、トヨタ株に関連してか、自身の犯行を揶揄して『僕がプリウス乗って捕まったのでそれが織り込み済みかどうかですね』と書き込んでいました。謹慎中とは思えない投稿が続いていました」(同前)

 吉本興業関係者は「以前から会社にも一般の投資家から株の上げ下げをつぶやくなとの苦情があったので、本人にも注意していたのですが……」と困惑する。

 兵庫県伊丹市の実家を訪ねると母親がインターホン越しに「接触がないからわかりません」と答えるのみだった。だが、その直後にガリクソンは鍵つきのツイッターで〈何しに来たんじゃボケ〉〈実家に帰ってるわけないやろぼけ商店街で呑んでるから来いや〉などと小誌記者に対して、逆切れツイートを連発。

 挙句、飲酒運転で謹慎中にも関わらず、居酒屋のメニューをアップし、〈さけうめー! ばーか!〉とまで書き込む始末……。


ガリクソンが別名で行ったツイート 禁無断転載/文藝春秋

 翌日、記者はガリクソンの自宅マンションを訪ねたが、インターホンにも反応はなし。ところが――。

「そのとき、ガリクソンはツイッターに自宅のベランダ写真をアップし、〈ベランダから頭上にツバをおとしまくってますが、前世よっぽどいい奴だったのか全然あたらない〉などと書き込んで、文春の記者さんを挑発してましたよ」(ガリクソンのフォロワー)

 当該ツイートを確認したところ、確かに時間・場所とも一致しており、ガリクソン本人が書き込んだものだった(既に削除済)。

 ガリクソンの所属する吉本興業は「事実関係を確認中です。反省の日々を送っていると聞いております」とコメントしたが、まったく反省していないのは明らかだ。

 前出の吉本興業関係者は、頭を抱える。

「色んな人間が彼を復帰させるために動いていたのに、どういうつもりなのか。信じられません」

「反省だけならサルでもできる」とは言うが、サルにも失礼な日々を送っているようだ。

(「週刊文春」編集部)

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  2. 2

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  3. 3

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  4. 4

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  5. 5

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    マック赤坂氏ら泡まつ候補の訴え

    AbemaTIMES

  7. 7

    安倍首相の演説に各紙ツッコミ

    文春オンライン

  8. 8

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  9. 9

    日テレ 安倍政権に忖度で改変か

    週刊金曜日編集部

  10. 10

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。