記事
  • S-MAX

Google、iPhoneなどのiOS向けメールアプリ「Gmail」でもフィッシング詐欺対策のセキュリティーチェック機能をAndroidに続いて導入!メールの内容にマッチした広告表示も廃止



Gmailのセキュリティーやプライバシー問題が向上!

Googleは10日(現地時間)、iPhoneなどのiOS向けメールアプリ「Gmail」においてフィッシング詐欺のセキュリティーチェック機能に対応したとお知らせしています。今年5月にすでにAndroid向けのGmailアプリでは導入されていましたが、ようやくiOSでも対応しました。

これにより、iPhoneやiPadなどのGmailアプリでメールを開き、疑わしいリンクをクリックすると警告が表示されるようになります。警告が表示された場合にリンクが安全でない可能性があるため、先に進む場合には注意が必要となり、リスクがないと確信している場合にのみ進めるよう案内しています。

02


Googleでは今年5月に開催した開発者向けイベント「Google I/O 2017」にて機械学習を使ったアルゴリズムによって99.9%以上のスパムメールを検出できるようになり、また機密情報などの流出を未然に防げるなどのセキュリティーチェック機能を導入することを明らかにしました。

これを受けてAndroidではすでに5月よりこの機能が導入されていましたが、今回、iPhoneやiPadなどのiOS向けアプリにも導入されたとしています。なお、iOS向けGmailアプリは8月9日に最新バージョン5.0.170716を公開しており、変更点は「バグの修正とパフォーマンスの改善」となっていますが、恐らくこのバージョンにて対応したものと見られます。

セキュリティーチェック機能に対応したGmailアプリにて危険なリンクをクリックすると、上記のような警告ページが表示され、元のURLにすぐにアクセスしないようになります。

これらの警告は、有害なフィッシング攻撃を防止し、アカウントを安全に保つためのものですが、もし元のURLが自身が管理するWebページなどで問題ないと判断できる場合には先に進むことはできます。

その他、Gmailではこれまで長らく実施していたメールの内容によって自動的にマッチさせた広告を表示する機能については今年6月に終了することを発表しています。これまでも広告を非表示にすることができましたが、機械学習とはいえ、メールの内容を解析されるのが気になっていたという人には朗報ではないでしょうか。

03


記事執筆:memn0ck



[Image] QRコードアプリ名:Gmail

価格:

カテゴリ: 通信

開発者:Google Inc.

バージョン:端末により異なります

ANDROID 要件:端末により異なります

Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.gm

btn_android



[Image] QRコードアプリ名:Gmail - 安全ですばやく整理しやすい Google の Eメール

価格:無料

カテゴリ:仕事効率化

開発者:Google, Inc.

バージョン:5.0.170716

条件:iOS 8.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id422689480?mt=8

btn_itunes





あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  9. 9

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  10. 10

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。