記事

マンガ・アニメ・ゲームを引き立てる政策が必要だ

今回、コミケにはじめて参加しますが、私も前参議院議員ですから、政治家としての政策をお知らせする必要があると思います。そこでマンガ・アニメ・ゲームに関する政策のあらすじを今回はじめてまとめた形で公表します。

児童ポルノ禁止法の拡大解釈反対

実在の児童を性的搾取及び性的虐待から守るということがこの法律の本来の趣旨です。ですから、「被害児童が実在しないマンガ・アニメ・ゲームでの映像」に適用することは、趣旨を踏み越えた運用であり、官僚による恣意的な運用です。まったく認めることができません。この問題が、政府が法律の趣旨を越えて恣意的に表現の自由、言論の自由を抑圧しかねないという大問題に実は直結しているからです。

オリンピックにむけてコミケの会場を確保しなければ

2020年の東京オリンピック開催に際しても、コミケが東京ビッグサイトの継続利用できることが望ましいこと考えます。可能な限りこれまでと同じ日程、広さで確保できるよう私も応援したいと思います。

そもそも論でいえば、諸外国と比較してわが国には東京ビッグサイトのような大規模国際展示場が少なく、しかも規模が小さいという問題があります。こうした国際展示場を東京都以外にも増やすことが国際会議をわが国に呼び込むという観光政策の観点からも必要です。

マンガ・アニメ・ゲームに国の支援を

わが国のマンガ・アニメ・ゲームは世界各国でも広く受け入れられ、合計で年間数兆円単位で外貨を稼いでおり、国際競争力のあるリーディングインダストリーのひとつです。各国の日本への愛着を深めるという外交官としての力もあります。われわれが毎日楽しんでいるこれらのコンテンツが安定的に供給されるように国が支援をしていく必要があります。

しかし、肝心の製作現場での働く人々へのお給料など労働条件は劣悪であることは有名です。いくらやりがいのある仕事だとはいっても、これでは忍耐の限度を越えています。今すぐ賃上げなど改善が必要です。

さらに製作企業やクリエーターに十分な権利が認められる資金調達方法を、ICOなどを応用し法的に可能な形で新たに実現することも必要です。また「コンテンツグローバル需要創出基盤整備事業費補助金」JLOPなどの国によるコンテンツ輸出への補助金などの振興策も強力に推進する必要があります。

応援お願いします

こうした政策の実現には、省庁への働きかけ、法律の改正や新規予算が必要になります。政治家が発言することが必要なのです。私も取り組んでいきますので、ぜひ皆さんも応援してください。では13日(日)当日、コミケの会場でお待ちしています。

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  2. 2

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  3. 3

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  4. 4

    エアコン我慢には何の価値もない

    赤木智弘

  5. 5

    「予約やめて」食べログの裏事情

    内藤忍

  6. 6

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  7. 7

    小池氏が川上量生氏の疑惑関与か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    子どもの車内放置 親へ忖度不要

    岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    Amazonの意外なベストセラー食品

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。