記事

船越英一郎のスタッフが語った「夫婦の真実」 初めて明かされた「10年間の苦悩」 - 「文藝春秋」編集部


船越英一郎 ©文藝春秋

「船越さんが別のマンションを購入したのは『(大宮エリー氏からの)手紙が火種になった』と松居さんはおっしゃっていますが、そんな理由ではありません」

 こう語るのは、船越英一郎、松居一代夫妻と長年親交のあるスタッフだ。

 これまで松居は、2011年、大宮氏が船越に宛てた手紙を自分が見つけたことで、船越は「自宅から徒歩1分のところにマンションを購入しなければならなくなった。メディアに報じられている『船越が松居を嫌になって別居した』というのは事実ではない」と語っていた。

 だがこのスタッフによると実際は次のような事情だったという。

「船越さんはテレビの撮影に行く前に、メイクなど事前に準備をしてから自宅を出られますが、早いときは朝5時になることもあります。もちろんその時間、松居さんはお休みになられています。それで船越さんが松居さんに気を遣って、仕度用のマンションを購入したのです」

 たしかに、本当に船越が松居のことが嫌になっていたり、松居が船越に出て行けと言ったのなら、自宅から徒歩1分のところに新たに居を構えることはないだろう。


松居一代 YouTubeより

 これまで船越本人はもちろんのこと、事務所など船越側の関係者は表立って反論はしてこなかった。だがこのスタッフは、松居がブログに書いていることが「『あることないこと』ならまだしも、『ないことないこと』ばかりであるのは見過ごすことができない」と、今回、文藝春秋編集部の取材に口を開いた。

 “お掃除好き”“お料理好き”キャラで売っている彼女の自宅での本当の姿、一方的に不倫を疑ったハワイ在住女性と松居が不仲になった理由、そしてこれまでDVに耐え続けてきた船越の苦悩の日々――。

 船越にも松居にも近いスタッフが、“夫婦の真実”を「文藝春秋」9月号(8月10日発売)で語っている。

文藝春秋 2017年 09 月号 [雑誌]
文藝春秋
2017年8月10日 発売
購入する

( 「文藝春秋」編集部)

あわせて読みたい

「松居一代と船越英一郎の離婚騒動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  5. 5

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  6. 6

    本当の富裕層 振る舞いに共通点

    PRESIDENT Online

  7. 7

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  9. 9

    強盗被害の白人農家を救った黒人

    長田雅子

  10. 10

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。