記事

次世代ロボットの登場で「ホテル体験」はどう変わる?

増谷 康 ,CONTRIBUTOR


シンプルかつ丸みを帯びたフォルムは、どこか愛らしさを感じさせる。「人のまわりで動くロボットだから、安全性を重視した」とカズンズ。画面にはメッセージだけでなく、感情を表す目のアイコンもついており、荷物を届けた後、客に「満足度」を評価してもらえる

アメリカのホテル業界で今、あるロボットが大きな話題を呼んでいる。いったいどんなロボットなのか。カリスマ開発者を直撃し、新型ロボット導入の狙い、そしてオートメーションがもたらす未来について聞いた。


海外のホテル業界で、にわかに「革命」を起こしているロボットがいる。

その名は「Relay(リレイ)」。自律走行型のデリバリー(配達)ロボットだ。

すでにシェラトンやマリオット、ウェスティンなど有名ホテルチェーンがアメリカの各都市で導入。今後数カ月以内に、日本での展開も予定しているという。

Relayは大人の半分ほどの背丈で、上部にあるタッチパネルで操作する。部屋番号を入力し、タオルや飲み物などの小物を内部に入れると、客室まで届けてくれる。

必要な操作はそれだけで、エレベーターにも自動で乗り降りし(通信システムを備えているのだ)、人や障害物を察知するとぶつからないようによける。

「小さいホテルだと、夜間はフロントデスクに従業員が1人しかいなかったりします。そんなときに、お客から電話でルームサービスを頼まれても、なかなか持ち場を離れられない。でもRelayを使えば、すぐに対応できます」と、開発元の米ロボットベンチャー「Savioke(サビオーク)」の創業者兼CEOであるスティーブ・カズンズ(53)は言う。3月末に東京で開催された起業イベント「Slush Tokyo」の会場で本誌インタビューに応じた。

カズンズは、ロボット業界で知らぬ者はいないカリスマ技術者だ。世界的に利用されているロボットソフトウェア「ROS」を開発したことで知られている。そのカズンズが2013年にサンフランシスコで創業したのがサビオーク。投資家たちからの注目度は高く、グーグルやインテルをはじめ、日本のリクルートからも出資を得ている。


スティーブ・カズンズ、ロボットベンチャー「Savioke(サビオーク)」のCEO。

なぜホテル向けのロボットを開発したのか。カズンズはこう語る。「工場ではすでにロボットは珍しくありません。一般家庭でも掃除ロボットをはじめ、洗濯乾燥機、食洗器などさまざまな家電が普及しています。でもサービス産業はいわば『空白地帯』。小売店、ホテル、病院、介護施設など、多くの巨大産業があって、チャンスは大きいと思いました」

なかでもホテル業界に目を付けたのは、一般家庭と似た点があることに気づいたからだという。

「家の中の仕事とホテルの仕事は、実はとても近いのです。どちらも人が生活する場なので、料理や掃除、洗濯といった仕事が日常的に発生します。違うのは、ホテルではこうした仕事が1日に何十回、何百回と繰り返し発生することです。だからロボットを導入することで得られる時間的、費用的なメリットが大きいのです」

ただし、ホテルはあくまで「第1のステップ」だという。同社が14年にロボットを現場に投入してから、すでに累計で12万回以上もデリバリーを行ってきた。その約半数はホテルだが、残りは修理工場や病院、オフィスなどとなっている。

「検証の結果、ソフトウェアを大きく書き換えることなく、他の業界にも適用できることがわかってきました。Relayのもつ可能性にワクワクしています」

カズンズは目を輝かせながら語った。ソフトな声で、物腰は柔らかく、ロボット好きの少年が大人になったみたいだ。

ロボットと人は共存できるか

サビオークが今、最も力を入れているのが日本市場だ。NECネッツエスアイやマクニカと代理店契約を結び、まもなく日本のホテルでもRelayを提供できるという。

日本について、カズンズは「文化的にロボットへの関心がとても強い。ロボット業界にいるなら、来なければいけない場所だ」と語る。実際、10年ほど前から年2回のペースで来日しているという。

一方、仕事のロボット化に対しては、「雇用を奪われる」という懸念も少なくない。カズンズはロボット業界のリーダーとして、どのような未来を描くのか。

「われわれのビジョンは、『人を助けるロボット』を作ることであって、ホテルから従業員を排除することではありません。人の仕事には、高価値のものと、そうでないものがある。フロントデスクでいえば、お客がチェックインするときに対面で接客するのは高価値の仕事です。でも歯ブラシを客室に届けるといった仕事は、ロボットの方が上手だし、低コストでこなせます。低価値の仕事をロボットに任せることで、人はより高価値の仕事に集中できる。そうすれば人はもっと生産的になれるのです」

Relayが日本で話題になる日も近いだろう。そして私たちはどうすればロボットと共存できるか、考えるべき時にきている。


デリバリーを終えるごとにステーションに戻り、自動で充電するので、24時間365日稼働できる(右)。 米国内では1台あたり月額約2000ドルのサブスクリプション(サポート保守込み)となっている。


スティーブ・カズンズ◎ロボットベンチャー「Savioke」のCEO。非営利団体「OpenSource Robotics Foundation」の理事。スタンフォード大学で博士号(コンピュータ科学)を取得後、Xerox PARC(Palo Alto Research Center)、IBMAlmaden Research Centerなどを経て、PR2ロボットやTurtleBot、ROSを生み出した伝説的ロボットシンクタンク「Willow Garage」のトップとして「パーソナルロボット革命」を率いた。2013年より現職。米シカゴ出身。53歳。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  4. 4

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  5. 5

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  6. 6

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  7. 7

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  9. 9

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  10. 10

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。