記事

人格を否定する研修が絶対に否定されるべき理由 - 後藤和也(産業カウンセラー/キャリアコンサルタント)

1/2

60ff4165-s

採用後まもなくの研修中に新入社員が自殺したというニュースを目にした。希望にあふれ入社したであろう若者の心情を想像すると、なんともやりきれない思いだ。

■本件の概要とは

製薬会社・ゼリア新薬工業に勤めていた男性Aさん(当時22歳)が、新入社員研修で、「過去のいじめ体験」を告白させられ「吃音」を指摘された直後の2013年5月に自死し、「業務上の死亡だった」として2015年に労災認定を受けた。

BuzzFeedJAPAN「ゼリア新薬の22歳男性「ある種異様な」新人研修受け自殺 両親が提訴」2017/8/8

報道によれば当該新入社員研修は4月から8月まで続き、Aさんは会社の指定した宿泊施設に缶詰め状態であったという。外部の業者が担当した「意識行動改革研修」にて上記記事のような出来事があり、さらには講師から「いつまで天狗やっている」等と報告書へのコメントがなされていたとのことだ。なお、当該研修業者は「労災認定は事実誤認。ゼリア新薬で実施した研修中に不幸があったと認識している」とのことである(前景記事)。法廷の場で真相が明らかになることを切望する次第だ。

■なぜパワハラ的な研修が行われるのか

階層別研修やスキル開発研修において外部の業者に一部または全部を委託することは一般的である。特に社員に対し、専門的な知識やスキルを付与するという目的においては、社内の講師よりも外部の専門家を招いた方が研修効果が高まるといってよいだろう。

近年のビジネスの多様化等により、研修業者は実に多種多様なメニューを用意している。中には、上記に類するような「人格改造」的な内容を売りにしている業者も存在するのだ。

別記事「やっつけの社員研修が死ぬほど勿体ない理由。」にて指摘した「自衛隊入隊研修」をはじめ、街中の大勢の前で絶叫させる研修や離島などに隔離して長時間歩かせたり肉体労働をさせる等、戦時下の軍隊のような研修もあるやに聞く。研修というより洗脳といってよい内容であるが、そうした研修は一定のニーズがあるがゆえに存在するということがキーポイントである。

それらの研修カリキュラムはどれも一見して引いてしまうような内容であり、いわゆるパワハラともとらえられるものばかりだが、なぜそのような研修が存在し続けるのだろうか。以下「会社(実施者)側の視点」と「社員(受講者)側の視点」から考えてみたい。

■なぜ会社は理不尽な研修を行うのか

会社側はなぜ人格改造的な研修を実施するのか。端的に言えば、暴力で相手を従わせる方が楽だからである。

「ゆとり世代」等と揶揄される新人たちであるが、ネットやSNSの発達により、情報リテラシー等のスキルははるかに自分たちより高い。「ブラック企業」への意識も高く、いつ労基署に垂れ込まれるか心配でしようがない。そもそも生きてきた時代や背景が違いすぎて何を考えているのかわからない。

本来であればそうした新人たちに歩み寄り、適切な指導やフォローを与えつつ信頼関係を築くのが妥当なやり方のはずだ。しかしそうしたプロセスにはかかわる上司に相応の経験や技術が必要となる。じっくり人を育てる余力がない会社や業界も多いだろう。

この際手っ取り早く新人を「洗脳」してしまったほうが楽ちんである。しかし、自社の社員がそうした研修を実施することにはコンプライアンス上抵抗がある・・・。そうした安易な発想から、「パワハラの外注化」が蔓延ったのではないか。

もちろん、全ての会社が上記のような安易な発想ではないだろう。しかし、新人に対する毅然とした指導や自社の人材育成や経営方針、マインドの醸成等は本来自社が時間と手間をかけて主体的に行うべきものであり、真に必要なコストを投資せずに研修業者に丸投げしているとすれば「仏作って魂入れず」。何とも意味のなさない、ただただつらいだけの研修となってしまう。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

  2. 2

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  4. 4

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  5. 5

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  6. 6

    スバルの強さは選択と集中がカギ

    片山 修

  7. 7

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

  8. 8

    ウーマン村本がLGBT当事者と激論

    AbemaTIMES

  9. 9

    衆院選自民大勝で森友うやむやに

    阪口徳雄

  10. 10

    水戸黄門 入浴は元AKB篠田で継続

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。