記事

北朝鮮:中距離弾道ミサイル「火星12」をグアム近海へ発射すると警告

1/2

北朝鮮による警告

今月21日から定例の指揮所演習である米韓合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」が韓国で実施されます。北朝鮮はこれまでも米韓軍事演習に激しく抗議してきましたが、今回は弾道ミサイルをグアム近海へ発射するとの警告を発しました。
北朝鮮 ミサイル発射計画「日本の上空通過 グアム島周辺海上に」(2017/8/10 NHK)
北朝鮮の弾道ミサイル発射実験は珍しくもないですが(慣れていること自体が危険なことですが)、我が国上空を通過するということですので、これが騒ぎにならないはずがありません。

1998年、「テポドン」が日本上空を通過し、三陸沖の公海へ落下しました。この時の実験は、日本がミサイル防衛を導入(2003年)する実質的な引き金になりました。金正恩体制発足後に相次いでいるミサイル実験による脅威増大に対し、すでに我が国ではイージス・アショアの導入検討などを始めていますが、再び自国上空を弾道ミサイルが通過した場合、 敵基地攻撃論を含めて議論が過熱するかもしれません。

なぜグアム?

グアムにはアンダーセン空軍基地をはじめ海軍軍港や陸軍施設などがあり、米国にとって太平洋の要衝です。北朝鮮が有事の際にグアムを狙うことは十分過ぎるほど軍事的意義があります。北朝鮮自身も以前からグアムに対する攻撃意思を示していますね。北朝鮮としては航空攻撃にやってくるB1-B爆撃機の巣を開戦劈頭に無力化したいとの意図があり、今回の警告海域がグアム近海だというのは、そうした意図を明確に発信することも目的のひとつでしょう。

北朝鮮の弾道ミサイル技術が任意のタイミングで任意の場所へ撃ち込めることを実証するとなると、彼らの中距離弾道ミサイル(IRBM)技術が掛け値なしの脅威であるということになりますね。ここ最近続いていたロフテッド軌道での発射実験で得た技術的蓄積を、フルレンジの発射で試したいという意図もあるのでしょう。

ところで、グアム攻撃用の弾道ミサイルは「ムスダン」だと見られていましたが、実験成績が芳しくなかった「ムスダン」を見限り、「火星12」を使うことにしたのですね。

迎撃するとしたら・・・

今回警告されている「火星12」がグアム近海へ向かう場合、日本上空を通過するコースをとります。

20170810_trajectory02

北朝鮮によると、3356.7km飛翔して、島根、広島、高知を通過とのことですので、イメージとしては上図のような大圏コースですね。

20170810_trajectory

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  5. 5

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  10. 10

    野党の卑しい不信任決議案に反対

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。