記事

小林よしのり氏が改憲論者へ「明治憲法も薩長の押しつけ」

【小林よしのり氏が歪な改憲論者に物申す】

 SAPIO連載中の小林よしのり氏『大東亜論』は、アジアの巨人と呼ばれた頭山満が、アジア主義を掲げ、欧米の帝国主義と闘った物語である。彼と玄洋社は、急速な西洋化を推し進める、専制に堕した薩長藩閥政府と激烈な闘いを繰り広げた。自由民権運動である。小林氏は大日本帝国憲法制定の過程を見れば、薩長閥がいかに民の声を封殺したかが見えてくると指摘する。

 * * *
 日本国憲法はGHQの「押しつけ憲法」だと、改憲を主張する論者は幾度となく非難してきた。

 その一方で、彼らの中には日本国憲法を否定する反動なのか、大日本帝国憲法(明治憲法)を高く評価する者が多く、自主憲法制定ではなく、明治憲法をそのまま復活させるべきだと主張する者もいるほどだ。

 だが、わしは(雑誌)SAPIO連載中の『大東亜論』を描いていくうちに、明治憲法だって「押しつけ憲法」じゃないかと思うようになった。

『大東亜論』の第三部をまとめた新刊『明治日本を作った男達』が発売された。これは明治の自由民権運動の興隆を描いた物語で、民間で作成された私擬憲法について詳しく描き下ろした漫画も収録している。

 自由民権運動が盛んとなった明治10年代半ば以降、民間による私擬憲法草案が盛んに作成された。中でも有名なのは「五日市憲法」だが、他にも現在に伝わるものだけで40以上、憲法という体裁は整えていないが、独自の国家構想案を作成したと見なせるものまで含めると、90を超えるという。

 だが明治憲法はこのような全国に広がった民意とは全く関係なく、薩長藩閥政府の手だけで作成され、一般国民は憲法発布まで、その内容に関して何一つ知らされなかった。これこそ「押しつけ」ではないか。

 明治政府は在野の憲法構想については相当の関心を持ち、新聞雑誌等に発表されたものはもちろん、非公開の研究草案や意見書に至るまで、警察情報網を使って収集に努め、研究したというが、実際の憲法に私擬憲法の内容が反映されたとは言い難い。

 日本にルソーを紹介した民権派の代表的理論家であり、『大東亜論』の主人公・頭山満とは生涯の友人だった中江兆民は、明治憲法の全文を通読して「ただ苦笑するのみ」だったという。

 兆民が特に不満に思ったのは、議会の権能が極めて弱いところだった。兆民は弟子の幸徳秋水に、明治憲法に対する見解をこう語っている。

「このようではわが議会は民権伸張の機関たるの役割をはたすことができないだけでなく、将来、政府の奴隷になってしまうだけだ。内閣の爪牙となって人民を圧迫するだけだ、堕落腐敗してしまうだけだ、われわれはただちに憲法の改正を要請しなければならない」

 なんだか「安倍一強」の時の政権と議会の関係性について言っているようにも思えてしまうが、それはともかく明治憲法には、薩長藩閥政府が自分たちの専制をできる限り維持したいという意図が入っていたことは間違いなく、これを現在に復活させようなどとは、論外としか言いようがない。

 民主主義の思想自体は西洋からの輸入品ではなく、「五箇条の御誓文」にもその精神は盛り込まれているのだが、近代憲法という制度は確かに西洋に学んだものである。

 憲法とはいかなるものかを一から学んで憲法を作ったとなると、ものすごい時間がかかったのではないかと思うのだが、ところが実際には、明治維新からたったの十数年で、民間において数多くの私擬憲法が作られている。この明治人の知識の吸収力、応用力には驚くばかりである。

 それらの私擬憲法は、いずれも権力の行使に制限を加えるように書かれている。例えば植木枝盛の憲法草案では、「日本の国家は日本各人の自由権利を殺減する規則を作りてこれを行うことを得ず」として、国が個人の自由権利を制限する法律を制定・施行することを一切禁止している。

 薩長藩閥政府の権力と戦うことを目的とした自由民権運動の中から作られたのだから当然とも言えるが、憲法は国家権力を縛るものだという本質をはっきり認識していたのであり、それに比べれば、明治憲法は中江兆民が「不具の憲法」と呼んだように、権力を縛るには不十分なものであった。翻って130年後の現在を見ると、どうか。

 自民党の改憲草案は「憲法は国家権力を縛るもの」という基本すら理解しておらず、「日本国民は、国旗及び国歌を尊重しなければならない」だの「家族は、互いに助け合わなければならない」だのと、国家が国民に命令する条文がいくつも入っている有り様である。

 明治に比べて現代の憲法草案の方が、遥かに幼稚で劣化している。「近代化」や「文明化」が人間を進歩させるということなど、決してないのだ。日本は未だ「押しつけ憲法」しか持ったことがない。いま改憲を論議するなら、今度こそ押しつけでない憲法を作るべきであり、そのためには我々はまず、明治の私擬憲法に立ち返ってみるべきだろう。

※SAPIO2017年9月号

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    はあちゅうセクハラ告発圧勝の力

    広瀬隆雄

  2. 2

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    東京MXの沖縄・在日ヘイトは最悪

    『月刊日本』編集部

  4. 4

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  5. 5

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    楽天的すぎる楽天の携帯事業参入

    韋駄天太助

  7. 7

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  8. 8

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  9. 9

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  10. 10

    なぜ自衛隊は休息を命令するのか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。