記事

前原、枝野のお二人で民進党をどうされるおつもりなのかしら

民進党の支持率は6パーセント前後のようである。

どうやら共産党の後塵を拝しているらしい。

そういう民進党の代表の座を前原氏と枝野氏が争っている。

国会議員の票だけで言えば前原氏の圧勝のようだが、外野席から前原ガンバレの声も上がらない状態での前原氏の圧勝にどれほどの意味があるのか、私には分からない。

前原氏も枝野氏も党内融和を強調し、それぞれにかねてからの持論を封じ込めているような印象があるから、折角の代表選がちっとも盛り上がらない。

観客が殆どいない民進劇場での、二人だけの寂しい舞台。

ご本人たちは結構激しいバトルを展開しているように思っておられるのだろうが、コップの中の嵐ほどの騒ぎもなさそうだ。

舞台を盛り上げるような秘策をお持ちなんだろうか、と目を細めながら眺めているが、前原氏も枝野氏もそういうマジックが出来るような人ではなさそうだ。

結局は、民進党に離党届を出した細野氏だけが自由に動き回れる。

前原氏や枝野氏よりも遥かに世間の注目を浴びるようになるはずだ。

代表選挙に出馬するよりも離党の方が政治的なインパクトが大きいのであれば、前原氏と枝野氏のいずれから民進党の新しい代表になっても、まず民進党にはその先がない。

前原氏が代表になれば、いずれは民進党は分党、解党の道を歩むことになる。
仕方がないことである。

何しろ、他に策がない。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  4. 4

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  5. 5

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  7. 7

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。