記事

高齢者のがん手術 健康生活送れるか否かの判断材料といえぬ


【高齢者は”あえて切らないこと”も選択肢の1つ(写真:AFLO)】

 病の原因を直接取り除く「手術」は医療における最も基本的な治療方法であり、その「効果」も立証されている。

 千葉県がんセンター研究所がん予防センターの公表している「全がん協生存率調査」によれば、大腸、胃、前立腺、咽頭、肺など主ながんで手術の有無による60代患者の5年生存率を比較するとほとんどの場合「手術あり」が上回っている。

 放射線治療の進歩、抗がん剤の開発が進んでいるとはいえ、「切れる」のであれば、外科手術は依然、医師にとって第一の選択肢といえる。

 しかしこのデータは「あくまでがんを治すことを目的とした場合の判断材料であって、健康に生きられるかどうかの判断材料とはいえない」というのは、『不要なクスリ 無用な手術』の著者で、医師・ジャーナリストの富家孝氏である。

「手術は執刀医の技術に左右されることが多いものの、がんの発症部位によって効果の高い手術、低い手術があるというのはわかってきている。

 手術はがんを除去できる半面、正常な部分にも損傷を与えるリスクが常につきまとう。手術の有無で大きく生存率が変わらないがんなら、65歳以上の高齢者にとって“あえて切らないこと”も選択肢です。残りの人生のQOL(生活の質)を考えればなおさらです」

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    稲田氏守るべく地元は結束ムード

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。