記事

もうこれ以上犠牲者を出さないために 考え方を変えて各部署の横断的施策を

また貴重な人材が行政、病院の無作為によって犠牲となりました。(残業173時間、30代医師の自殺を労災認定 「労働環境を整えないと不幸繰り返される」両親の悲痛な思い)御両親の気持ちはいかばかりか。そして産婦人科という仕事がいかに個人の犠牲という努力で成り立っているのかがわかる事案です。

製薬企業の自殺案件
を含め医師だけの問題ではありませんがしっかり発信を続けたいと思います。

昨日栃木県医師会主催で「保険医療の将来と働き方」をテーマに東大の渋谷健司先生が講演を行ってくれました。以前こんな記事(自己犠牲の上に成り立つ医療は、もう終わりにしよう。)を書かれていますし、つい最近にはランセットに日本の地域医療格差を報告されています。

今回「保険医療2035」の解説を主体に医師の働き方の変換、生産性をいかにあげるかをやや抽象的に話してくれました。

テーマは4つ
1 医療を取り巻く構造的変化
>パッチワーク的な制度改正による部分最適を繰り返してきた日本の社会保障制度は、長期的な視点に基づく変革が必要。

>単なる負担増と給付削減による現行制度の維持を目的とするのではな く、新たな価値やビジョンを共有し、イノベーションを取り込み、システムとして の保健医療の在り方の転換をしなければならない時期を迎えている
このことを周りが理解ができるかどうかなんですよね。少なくとも数人は全く変える必要がないと思われているようでした。

2 働き方実態調査
以外に田舎に行ってもいいと考えている医師が多いということがニュースでも出ていました。だからこそ適正な配置が必要で、今の状況での強制配置ではだめなんです。

3 生産性という考え
日本の働き方はやはり非効率(医師だけではないけど)と強調されていました。そうかGDPはギリシャと同じレベルか。
働き方改革の説明にちきりんさんの書籍をだしていたのは少し驚きでした。

4 「システム」x「グローバル」時代の医師の働き方
>「働き方の変革」「需給・偏在対策」「医療介護の連携」「住民・患者のヘルケア意識の向上」を一体的に検討
そう一つじゃだめなんですよ。それこそ新潟市民病院の例を考えても、消防といかに協力できるかが改善の方法の一つなんですよ。

その他にも
>「「医療従事者の自己犠牲を伴う負担と士気(モラール)に過度に依存したシステムであってはならない」
>「我が国の保険医療システムが、より一層価値のある患者中心の医療を提供し続けると同時に、医療従事者がその社会的価値の高いキャリアを追求しながら、自らの生き方と時間を取り戻すことに繋がるものである。」
と話されました。

本当納得できるものでした。塩崎前大臣と協力し結構強権的に行ってきたそうですが、禁煙含めて抵抗勢力が多いとのこと。大臣も変わりましたしオリンピック前の禁煙含めて健康施策どうなりますかね。

今の日本の保険制度は非常に優れたものです。ただそれは昔の人口構成だから成り立ったもので今の少子高齢化の時代では存続は厳しいものです。このことを共通の認識としないと前へ進めないのですが、応召義務含めて医師の働き方、それこそ労働者かどうかの考え方にまだ疑問を呈する医師会の方の発言にまだまだ先が遠いことを感じました。ちなみに渋谷先生は賛成1反対12の中でも議題を決めてしまったことを話されていましたが、既得権益を守る人たちはそう簡単には変わらないんでしょう。

生産性=成果(付加価値)/投入資源(費用・人・時間)の式をあげいかに成果を出すかを述べられていましたが、今の病院の利益である保険点数は上限が存在するため生産性を上げることは病院単体としては不可能です。そう黒字になっている病院はほとんど補助金のおかげですから。

それゆえ地域行政における利益という概念での医療という成果の考え方の変革が必要なのでしょう。それこそさっきの消防車運用経費まで含めて検討することが必要なのです。(消防は搬送、搬送された病院はボトルネック、この調整ができればかなり経費も)

そう医療は国策です。健康増進は国策です。高齢者医療含めよくよく考えて地域ごとの施策が必要です。そしていい施策を行うことできっと働き方改革にもつながります。その他の業種の健康管理もできる可能性があります。

ベテランの医師たちにお願いです。昔の時代の踏襲を若手に押し付けてはだめです。あなたたちの生きてきた時代の医療から進歩の度合いは激しいですし、社会の動きは目先の安全にとらわれさらに鈍くなっています。若者のために考え方を変える時期です。 もうこれ以上犠牲者を出さないために。

あわせて読みたい

「過労死」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  3. 3

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  4. 4

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  5. 5

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  6. 6

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  7. 7

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  8. 8

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  9. 9

    プライムデー Amazon製品半額も

    後藤文俊

  10. 10

    加藤鷹が明かすSEX下手男の特徴

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。