記事

観光客向け違法民泊に最高500万円の罰金、スペインのバレアレス諸島

[バルセロナ(スペイン) 8日 ロイター] - スペインの一大観光地であるバレアレス諸島で、観光客に許可なく住宅を賃貸した家主に対し、最高4万ユーロ(約516万円)の罰金を科す新規則が8日から導入された。増え続ける観光客に対する住民の不満の声を受けた措置とみられている。

スペインでは、ホームシェアリングの増加の悪影響を懸念する声が強まっており、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊サイトを自治体が取り締まる動きが広がっている。

6月にはバレアレス諸島の観光客数が国内最高水準を記録。こうしたなか、家賃が大幅に上昇し、住民の住宅不足への懸念が浮上している。

同地域の認可なしの住宅賃貸は2012年に禁止されたが、自治体によると、ほとんど順守されていなかった。

新規則では、許可なく観光客に短期間の賃貸を行った者に2万─4万ユーロの罰金が科されるほか、住民が疑わしい賃貸例をウェブサイトから報告できるようになる。また民泊サイトが認可番号なしの賃貸を広告した場合、最大40万ユーロの罰金が科されるという。 

あわせて読みたい

「民泊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  6. 6

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  7. 7

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  8. 8

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  9. 9

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。