記事

北朝鮮の高速道路で「金正恩氏の愛車」に道を譲らないとどうなるか

金正恩氏

北朝鮮の金正恩党委員長は大の車好きとして知られ、エピソードも少なからず漏れ伝わっている。

本欄でも少し前に、高速道路で正恩氏の愛車を追い越してしまった朝鮮人民軍(北朝鮮軍)師団長の悲惨な運命についての話を紹介した。

ほかにも、普通の人と同じトイレを使うことのできない正恩氏が、専用車にトイレの代用品を乗せているとの話も伝わっている。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

今回、紹介するのも、正恩氏と軍との間のエピソードである。

韓国の全国紙、東亜日報の記者で、脱北者であるチュ・ソンハ記者によれば、平壌と元山(ウォンサン)をつなぐ高速道路の「ムジゲ(虹)トンネル」で、こんな出来事があったという。

このトンネルは全長が4キロもあるのに、道幅が狭く換気設備も整っていないため、エンジンの性能が悪かったり整備状態が悪かったりする車両が通るたび、ばい煙で充満する。

ある日、このトンネルで金正恩党委員長が愛車を走らせていた。その前方では、軍のトラックが真っ黒な煙を吐き出しながら、ノロノロと走っていた。

しかも、正恩氏がいくらクラクションを鳴らしても、軍の運転手は気にする風もない。正恩氏の愛車は、一目で「乗っているのはタダ者ではない」とわかる高級ベンツなのだが、軍の運転手も暗いトンネルの中、バックミラー越しでは車種が判別できなかったのかもしれない。

(参考記事:金正恩氏の「高級ベンツ」を追い越した北朝鮮軍人の悲惨な末路

それに、正恩氏が最高指導者になる前の話である。その当時、北朝鮮はすべてに軍事が優先する「先軍政治」の真っただ中で、保安員(警察官)も軍の車両を取り締まることはできなかった。クラクションを鳴らされた運転手も、「軍を何だと思っていやがる」ぐらいに考えたのかもしれない。

これに、正恩氏が切れた。

2010年5月5日、軍に「青年大将同志の方針」なるものが下された。軍の車両といえども、交通ルールに違反すれば取り締まりの対象とするとの内容である。

この日から、保安員は軍幹部の車両も容赦なく取り締まった。

従来、将軍クラスの専属運転兵ともなれば、様々な恩恵があり、支給品ではなく市場であつらえた軍服を着て肩で風を切って歩いていたとされるが、そんなステータスも、正恩氏の下した方針で崩れ去ってしまったという。

このエピソードは些細な話に思えるが、実は見逃せない要素をはらんでいる。祖父や父にも増して軍事力に権力の基盤を置いているように見える正恩氏が、実は軍に対し、若い時から冷淡とも言える態度を貫いているということだ。

こうした正恩氏の姿勢は後に、軍事行政のトップを文字通りミンチにして処刑するという、より極端な行動により世間に認識されることになる。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

このようなエピソードを拾って見ていると、正恩氏は決して支離滅裂な人間ではなく、ある種の一貫性を持って行動していることがわかってくる。つまり彼がいま見せている行動の中には、彼の将来を見極めるための伏線が隠されているかもしれないということだ。

ならば我々はいま、正恩氏の行動から、近未来のどんなリスクを見極めるべきなのだろうか。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  2. 2

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  3. 3

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  4. 4

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  5. 5

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  6. 6

    鈴木五輪相に政治資金疑惑が浮上

    NEWSポストセブン

  7. 7

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  8. 8

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  9. 9

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。