記事

北朝鮮、拘束のカナダ人牧師解放 「人道的見地から」=KCNA

[ソウル/トロント 9日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は9日、同国で拘束されていたカナダ人牧師、ヒョンス・リム氏が病気のため、人道的見地から釈放されたと伝えた。

カナダの当局者らは8日、国家安全保障顧問を含む政府代表団が北朝鮮を訪れ、ヒョンス氏の解放を協議したと明らかにしている。同氏の解放と、米国と北朝鮮間のここ数日の激しい応酬との明確な関連性は示されていない。

リム氏は、2015年12月に体制転覆を図った罪で無期労働教化刑を言い渡された。

関係筋によると、同氏は10日にカナダに帰国し、妻の要請で入院する見通し。

リム氏が所属するトロントの教会はこれまで、リム氏が1997年以降、北朝鮮に100回以上渡航し、児童養護施設や介護施設の設置を手伝ったと明らかにしている。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  4. 4

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  6. 6

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  7. 7

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  8. 8

    小1死亡 エアコンつけぬ行政の愚

    永江一石

  9. 9

    マナー欠如の中国人にタイが怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。