記事

チェルノブイリ20年後の真実とNHKの虚実

国連科学委員会はチェルノブイリ原発事故の後も、根気強く、放射能汚染と人体の健康への影響を研究してきました。その結果、今までのところ事故直後の高濃度の放射性ヨウ素に汚染されたミルクなどを摂取した子供に、通常よりも高い頻度で甲状腺癌が発生したことが判明しています。4000人ほどの甲状腺癌の患者が見つかり、現在までに15人が死亡してしまったそうです。また、事故の緊急作業に従事し、急性放射線症やその後の健康障害で50人ほどが死亡してしまいました。しかしそれ以外の健康被害は現在のところ見つかっていません。

むしろ放射線の影響を厳しく管理しすぎて、強制移住などによる精神的な健康被害が多かったことを述べています。これらの研究結果は、以下のサイトから見ることができます。

The Chernobyl accident , UNSCEAR's assessments of the radiation effects, UN Scientific Comittee
Chernobyl: the true scale of the accident, WHO

また、自由報道協会主催の会見で、ロシア科学アカデミーのアルチュニャン博士が、研究結果をわかりやすく解説しています。

放射能を恐れすぎるな、フクシマの危機は過ぎた。ラファエル・ヴァルナゾヴィチ・アルチュニャン博士

さて、YouTubeにアップされていたNHKの「汚された大地で 〜チェルノブイリ 20年後の真実〜」をみて、僕はびっくりしました。2007年4月16日にNHKスペシャルで放送されたものです。国連科学委員会のデータがいろいろつままれているのですが、それがひどいのです。



たとえば、NHKは下の図の赤い方の線を単独で紹介して、ベラルーシで子供の先天的な病気が、1986年のチェルノブイリ原発事故以降に2倍以上に跳ね上がった、と恐怖を煽るような音楽と一緒に説明していました。

放射能汚染と先天性の病気の子どもの関係
出所: Chernobyl’s Legacy, The Chernobyl Forum: 2003--2005

たしかにベラルーシでは先天的な病気を持つ子どもが増えてしまったようです。これは悲しいことです。最近の福島の放射能のニュースを見ている人はわかると思いますが、事故当時の風向きなどにより、隣合わせの町でも、片方が高濃度に汚染され、もう片方がほとんど汚染されなかったりと、放射性物質の飛び散り方はある程度、斑模様になってしまいます。ベラルーシでもそういう状況が起こりました。

NHKが先天性の病気の子どもの数が増加しているとして紹介したこの赤い線は、実は汚染が非常に軽微な地域で、青い線の方が、隣合わせの汚染が重かった地域なのです。つまりこのグラフは、子どもの先天性の病気は、放射能以外と関連があることを示すひとつの証拠だったのです。

この時期は、ソビエト連邦の崩壊で非常に社会が不安定な時期でした。市民の間でウォッカなどの飲酒量が増えたといわれています。また、さまざまな医学研究が行われていたので、従来は報告されなかったことまで報告され、見かけ上の頻度が上がった可能性もあります。

僕は、ひとりのブロガーとして「言論の自由」というのは大変重要だと思います。しかし「言論の自由」と、科学的な事実をねじ曲げて人々の不安を煽るということは、ちがうのではないでしょうか。ましてやNHKのような公共性の高い組織がこのようなことでいいのでしょうか。

このような心無い番組によって、福島の人たちがどれだけ不安に苛まれているかと思うと、とてもやるせない気持ちになりますね。


参考資料
チェルノブイリ20年の真実、金子正人

トピックス

ランキング

  1. 1

    KFCのちょい飲み 全国展開は無理

    中嶋よしふみ

  2. 2

    橋下氏"豊洲地下水に問題はない"

    橋下徹

  3. 3

    自民党のオモチャにされる民進党

    室伏謙一

  4. 4

    被災地に拷問部隊送った金正恩氏

    高英起

  5. 5

    小池都知事は今や"裸の女王様"

    ヒロ

  6. 6

    朝生に出るとムカついて眠れない

    小林よしのり

  7. 7

    "究極の対案"示す蓮舫氏の図太さ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    豊洲の"地下水"冷静な判断を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    人材いない民進党は解体すべき

    北尾吉孝

  10. 10

    辺野古 朝日・NHKの解説に唖然

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。