記事

"フィレオフィッシュ"はFC店の発案だった

1/2

世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を築き上げたレイ・クロック。彼のビジネス手法は多くの企業人に影響を与えている。なかでもファーストリテイリングの柳井正社長とソフトバンクグループの孫正義社長は、彼の自伝『成功はゴミ箱の中に』(プレジデント社)を「バイブル」と評している。同書を原作にした映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の公開(角川シネマ有楽町ほか、全国公開中)を記念して、その卓越した経営手法を紹介しよう――。

■「個人店」を「大手チェーン店」に変えた

新店舗のテープカットをするマイケル・キートン演じるレイ・クロック。(C)2016 SPEEDEE DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」の実質的創業者で、映画『ファウンダー』の主人公であるレイ・クロックは、外食産業の「FC(フランチャイズチェーン)システム」を構築した人です。ハンバーガー店の「マクドナルド」は、もともとマクドナルド兄弟の創業ですが、クロックは店のFC権を獲得します。彼の自伝『成功はゴミ箱の中に』によれば、「フランチャイズ店の売り上げのうち、1.9%が私の取り分となった。(中略)私の取り分のうち、0.5%はマクドナルド兄弟に納めることになった」と記しています。兄弟の個人経営の店(個人店)を全米に展開する「大手チェーン店」に成長させたのです。

現在、日本国内の大手飲食店の大半は「FC店」方式を採用しており、自社が経営する「直営店」と併用して店舗展開を行う会社が目立ちます。国内で約2900店を展開する「マクドナルド」のFC店比率は6~7割 、同じく1100店を超える「ドトールコーヒーショップ」は8割超がFC店です。レストランやカフェなどの外食産業が直営店でなくFC店を展開するメリットは、一般的には次のとおりです。

(1)直営店の出店に比べてコストが安い
(2)そのため、短期間で一気の店舗拡大が可能
(3)拡大が実現できれば、店舗やロゴマークの露出が増えて知名度も高まる
(4)加盟店側(FC店オーナー)も自前でブランドを創るのに比べて負担が小さい

FC店では、店舗建設や内装費用などはFC店オーナーが負担するので直営店に比べてコスト削減が実現できます。ただし、魅力のあるブランドでないと加盟者(主に自営業者や企業経営者)も集まりません。

そして店を展開する本部には、成功させる条件があります。「提携相手」です。かつてドトールコーヒーを創業した鳥羽博道氏に取材した際、筆者が「米国企業が日本で失敗する例は、米国流を押し付けるからではないか」と話したところ、こんな指摘を受けました。

「その通りですが、それに加えてもう1つ条件があります。外食産業の場合は特にそうですが『誰とパートナーを組むか』です。たとえばマクドナルドは、日本では藤田田さん(故人、日本マクドナルド創業者)と組み、ケンタッキーフライドチキンは、日本法人の設立メンバーだった大河原毅さんに経営を委ねました。だからこそ成功を収めたのです」

ドトールコーヒーの創業者が、マクドナルドを意識していたことにも気づかされます。レイ・クロックは提携相手の資質も厳しく見ており、藤田田氏とはウマが合ったと言われています。

■「QSC」実現には細部にこだわる

1954年に「マクドナルド」の店に出合うまで、ミルクセーキ用のミキサーを売るセールスマンだったクロックは、最初はミキサーの販売拡大先として興味を持ちました。やがて「マクドナルド」のシステムこそが成功への道だと考え直します。驚くのは、全米に展開するために欠かせないのは、今でいう「QSC」だと喝破したことです。

当時のマクドナルドハンバーガー。(C)2016 SPEEDEE DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「QSC」とは、Quality=品質、Service=サービス、Cleanliness=清潔・清掃の頭文字で、飲食業にとって最も大切な3大要素といわれます。1950年代は米国でも「商品の品質と接客はよいが、店が汚い」(QとSはよいがCがダメ)や、「商品はよく、店も清潔だが、接客態度が悪い」(QとCはよいがSがダメ)といった不完全な店が多かったのです。

1955年4月に開業したクロックにとっての1号店「デスプレーンズ」店(米国イリノイ州シカゴ郊外)は、自伝では「他店のモデルにするべく必死の苦労を重ね、スムーズにいくようになるまで1年を要した」と述懐しています。

初日から売り上げは好調だったようですが、看板メニューである「マクドナルド製法のフライドポテト」がうまく揚がりません。調理工程は間違っておらず、マクドナルド兄弟にも電話で問い合わせたが原因はわからず。さらにはポテト&オニオン協会にも問い合わせます。製法を確認するうちに、原料のジャガイモの保存方法が、米国西海岸(マクドナルド兄弟の店)方式だと、中西部(クロックの1号店)の気候では再現できないことに気づき、乾燥の仕方を変えます。フライドポテトの「Q」の部分に徹底してこだわっていたのです。

また、「S」と「C」でも同様でした。映画では、地元の社交クラブの仲間にFC店運営を持ちかけた後、いい加減な店舗運営をする彼らに激怒する場面がありました。「店が汚い」「勝手に違う商品を売るな」と意識改革を迫っています。

一連の言動だけみると、いわゆる「マイクロマネジメント」のように思えます。「経営者はそこまで細かいことを言うな」という文脈で使われることも多い言葉ですが、「QSC」の実現という細部に魂を込める場面では、徹底してマイクロマネジメントをしていたのです。

あわせて読みたい

「マクドナルド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  7. 7

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  9. 9

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。