記事

「強姦された」"でっち上げ女"のLINE術

1/3

(行政書士、ファイナンシャルプランナー、男女問題研究家 露木 幸彦)

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士・男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってくる。その痛切なトラブルエピソードをシェアし、ぜひ他山の石、もしくは人の振りみてわが振り直していただきたい。

第1回目(前編・後編)のテーマは、「一線を越える」行為に対する男女の意識差。ちょっと背筋が寒くなる話です。

前編のあらすじは……都内在住の34歳メーカー社員がある婚活で32歳の派遣社員の女性と出会い、4回目のデートで初ベッドイン。しかしその後、女性の束縛が激しくなり、関係を切ろうとした男性に女性がさまざまな復讐をしかけてきた。

■男に逃げられた「32歳」の暴走が止まらない!

はらわたが煮えくり返るとはこのことでしょう。

彼女は竣太さんに総攻撃をしかけてきました。考えてみれば、商社の派遣社員の彼女も、これまでさまざま男女経験があったはずです。32歳となって、真剣に結婚相手を探そうと婚活パーティーに参加したのかもしれません。それだけにせっかく「いい人に巡りあえた」のに幸せが逃げていくのを、指をくわえてみているわけにはいかなかったのでしょう。

彼女はLINEでオブラートに一切包まない言葉の銃弾を次々に撃ち込んできました。

「エッチする気なんてないのに無理やり、ホテルに連れ込んだんでしょ。しらばっくれないで!」

▼「同意していないのに行われた性交渉」だと難癖


写真はイメージです

もちろん、性交渉はお互いの同意の下に行わなければなりませんが、今度は「同意していないのに行われた性交渉」だと難癖をつけてきた、と竣太さんは感じたそうです。

「ホテル2人きりで入れば、当然、彼女はそのつもり(性交渉をするつもり)なんだと決め付けていました」

竣太さんは当日のことをそう振り返りますが、「ホテルに行くことに同意した=性交渉に同意した」というのはあくまで竣太さんの目線です。一方、彼女の目線では「ホテルに行くことに同意したけれど、性交渉に同意していない」だから、絶対に自分が正しいという竣太さんの言い分はなかなか通りにくい。

■ホテルに行くことに同意なら性交渉も同意か?

一般論として、もし、カップルの行き先がラブホテルなら、セックスありきの密室なので「ラブホテルに行くことに同意したのに性交渉に及ぶつもりはなかった」というのは無理があります。しかし今回は残念ながら、そうではありません。行き先は1泊5万円の都心の外資系高級ホテルでした。奮発したのが裏目に出たのです。

必ずしもセックスだけをする部屋ではないので、「ホテルに行くことに同意=性交渉をすることに同意」と結びつけるのは難しいです。結局のところ、竣太さんは彼女から性交渉の同意を取り付けていないので「非合意の性交渉だった」と指摘されれば言い返せません。


写真はイメージです

そんな流れに乗じてか、彼女のLINEはさらに攻撃力を増してきました。

「私は『エッチしてもいい』なんて一度も口にしていないわ。それなのに力任せに押し倒したんじゃないの。サイテー! (ワインを)飲みすぎて途中から覚えてないし」

竣太さんは当初、こうした“口撃”に怒りを覚えましたが、休みなく攻め続ける彼女に戦慄を覚えたといいます。

▼逆上した彼女は相手を強姦魔呼ばわり

抵抗できない女性に対して力ずくで押さえつけて肉体関係を迫る……彼女は竣太さんが「強姦魔」だと言わんばかりでしたが、竣太さんは決して強引に押し倒したわけではありません。ハグからキス……ごくふつうの段階を踏んだはずだ、と語ります。

「彼女が露骨に嫌がれば、無理強いするつもりはなかったんです」

竣太さんは腕力にものを言わせて彼女をがんじがらめにしたわけではないので、彼女が力いっぱいに抵抗すれば、途中で性交渉を中断していたと言います。

「抵抗できないほど酔っぱらっていたわけでもないのに!」

竣太さんは語気を強めます。お酒に酔っていたので歩行を手助けしたとはいえ、彼女は自分の足でホテルまでたどり着いたのだから、その「言い分」は当然といえば当然です。竣太さんによれば、彼女が最初から最後まで拒否しなかったから「大丈夫」だと思って最終的には射精にまで至った、と。「拒否しない=同意があった」という主張です。

一方、彼女に言わせれば、「途中で拒否したら何をされるかわからない」という恐怖感にさいなまされたということかもしれません。そして、竣太さんのことがあまりにも怖くて、とても拒否できるような状況ではなかった。

「拒否する=同意がない」「拒否しない=同意があった」という二者択一ではなく、「同意していないけれど拒否できないこともあり得る」と反論されれば、竣太さんはどうしようもありません。なぜなら「同意の有無」は彼女の心のなかの問題で、彼女の気分次第でどうにでもなるからです。

前述の通り、2人が恋人同士の場合、暗黙の了解(きちんとした同意は不要)で済ませても構わないでしょうが、それは2回目、3回目の話。竣太さんが彼女と肉体関係を持ったのは初めてなので今回の場合、彼女がお酒を飲みすぎて、きちんとした意思疎通が難しい状況だったとはいえ、せめて1回目はきちんとコミュニケーションを取っておいたほうが良かったかもしれません。

あわせて読みたい

「婚活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  5. 5

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  8. 8

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  9. 9

    解散総選挙で与党にお灸を据えよ

    阪口徳雄

  10. 10

    自民公約は民進の完全なパクリ

    玉木雄一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。