記事

コーヒーの王道から外れた「インスタ映え」狙いのスターバックス株は下値支持線を試す展開へ

スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)が下値支持線を試す展開になっています。

同社株は過去2年間に渡りボックス圏の中を推移してきました。現在、そのレンジの下限である52ドルを試しに行っています。



売られている理由は既存店売上比較の不振です。とりわけ来店客数の伸びが頭打ちになっている点が問題とされています。

BMO証券は来店客数の伸びが止まったのは、米国内に店舗数が多すぎるからだとしています。

スターバックスの店舗の6割以上が、半径1マイル以内に別のスターバックスの店舗を持っており、同じスタバ同士で顧客の奪い合いをしているというわけです。

とりわけスターバックスにとって最も店舗数が多く、売上高に占める重要性が高いカリフォルニア州では、オーバーラップ比率が75%に達しています。

先の第3四半期(6月期)決算では、米国の既存店売上比較は+5%と、一見すると健全なように見えました。

しかしその中身を見ると値上げが+4%、来店客数は+1%となっており、ヒット商品、「ユニコーン・フラペチーノ」などの目先の流行を追ったドリンクへの依存が顕著となっています。

eJRnYJ1F-1584-1361
(出典:スターバックス)

確かにこの商品は「インスタ映え」するので、目先の売上高を「ヨイショ」するにはもってこいです。

でもインスタグラム・ユーザーたちは、とても流行に敏感で、移り気なので、いつまでもこのブームが続くとは思えません。

なんとなく、最近のスタバは、コーヒーの王道から逸脱した、チャラついた企業戦略が目につきます。

実際、決算カンファレンスコールの中で同社は「今後既存店売上比較は+3%~4%に落ちる」と警告しています。

スターバックスの売上高は、大体年率+8%くらいでしか成長していません。いま既存店売上比較が+4%の成長なら、残りの半分の成長は、新規出店で捻出しなければいけません。

このためスターバックスは中国のローカル・パートナーから上海、蘇州などに展開する1,300店舗を買い取り、連結化する意向です。

これは意地悪な見方をすれば、買収により売上高成長を買っているという風にも解釈できます。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  4. 4

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  10. 10

    詩織氏「性暴力は醜い人権侵害」

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。