記事

グーグルを”見ているだけ”で、あなたの情報は筒抜け!?<サイバー犯罪入門 国もマネーも乗っ取られる衝撃の現実> - 足立 照嘉

どれくらい、現代の日本において、我々国民の生活は「守られていないのか」。
話題の新刊『サイバー犯罪入門 国もマネーも乗っ取られる衝撃の現実』では、恐ろしい現実が明らかにされています!

******

◆ネットに繫がっている限り、あなたはずっと「監視・追跡」されている!

 監視や追跡をされることに、強い拒否反応がある。プライバシーは侵害されたくない。──これについては、サイバー犯罪に従事する者に限らず、誰でも同じだろう。
 JR東日本が2013年に、「Suicaの利用状況のデータ」を販売した。もちろん、個人が特定できないよう匿名化した上であり、駅エリアのマーケティング情報として活用できるようにという目的である。すると、「プライバシー侵害に関する懸念」から騒ぎになり、販売開始から1ヶ月足らずで販売中止となった。

 また、2014年には、情報通信研究機構(NICT)が、「約90台の監視カメラを大阪駅ビルに設置する」「そのカメラによって顔を自動識別し、人の流れを解析する」という実験を行うことを発表した。この実験の目的は「施設内での動きや滞留状況を把握する」ためである。この実験においても同様に、「特定の個人が識別できない形に処理した上で、分析を行う」とのことだったのだが、プライバシー侵害に関する懸念が高まったという意見が多く、実験開始の1ヶ月前になって、急遽実施が延期されることとなった。

 しかし、日頃あなたが活用している無償のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やメッセージング・サービスなどではもはや、匿名化した上で、行動データなどが他の事業者へ販売されている場合もあることに気付いているだろうか?

 ちなみに、これらのサービス(SNSやメッセージング・サービス)は、今後ますますインターネットを介して、様々なサービスと連携していくことになるだろう。すると、SNSやメッセージング・サービスを運営する企業は、サービスを提供する一方で、精密な顧客データをどんどん蓄積していくことになる。こうしたデータは様々なビジネスが欲しているため、その価値と価格は向上する一方である。

 少しイメージがしにくいかもしれないので、具体的な話をしよう。普段からインターネットに接続している「あなた」。ウェブサイトの運営者側は、そのあなたについて、どの程度知ることができるのだろうか?

 あなたは「天気 東京」というキーワードで、グーグルやヤフー!などの検索サイトから天気予報サイトにたどり着いた。そして「東京都港区」の天気予報ページを長い時間見ている──としよう。

 すると、「あなたは今、東京都港区にいる」もしくは今日これから「東京都港区を訪れる」など、何らかのヒントをウェブサイトは得ることができる。このような情報をウェブサイトが拾い上げるシステムは既に当たり前のごとく機能しているので、ウェブサイトの横には、港区の飲食店のクーポン券などが表示されているかもしれない。まさに一刻一刻あなたは「マーケティング」されているのである。

 その他にも、「あなたが今、この情報をパソコンから見ているのか、スマホからなのか」「WindowsユーザーなのかMacユーザーなのか」といったことを拾い上げ、画面のデザインをより見やすいものにする、という仕組みもある。スマホの電池残量も分かるので、電池が少なくなってきたら、近隣でスマホの充電を行えるカフェの広告を表示することも可能だ。

◆「あなたが今いる場所」は、Wi-Fiで「特定」できる!

 “ハッカー”が、いざ、あなたの居場所を探そうと思ったら、あなたが利用しているプロバイダーや携帯電話から、その基地局やIPアドレスを割り出せばいい。それをもとにすれば、数百メートルの誤差で「あなたの居場所」を調べることができる。概ね「何町の何丁目」にいるのかくらいは分かる。

 さらにもっと居場所を「特定」したい場合はどうするか。居場所の特定に使われるのが、GPSデータなので、GPSがあればいちばんいい。しかし、屋内や地下にいてGPSの電波を拾いにくい場合や、そもそもGPSが搭載されていないパソコンなどの場合はどうしたらいいのか。
 都市部や商業地域、住宅街などの場合は、Wi-Fiを用いて正確な位置を調べることができる。

 Wi-Fiを使って位置を知る方法を見てみよう。

 スマホやパソコンでWi-Fiの設定画面を開くと、今電波を拾っているWi-Fiルータの一覧が表示される。そして、その横には、扇のような形か、数本の階段状になった棒が表示されることで、電波の強さが表示されているはずだ。

 詳細を言うと難しくなるので、簡単に説明すると、「複数のWi-Fiルータからの距離を電波の強さをもとに算出し、それぞれのWi-Fiルータの描いた円が交わる場所が、今あなたのいる場所」である。

 しかし、Wi-Fiルータは、決まったルールに基づいて置かれているわけではないことに気付くかもしれない。オフィスや個人宅などの様々な場所に置かれているため、円を描く際の中心を決めることが難しいのではないか!? と。

 ところが、このような心配は不要である。既に、GPSや携帯電話基地局などの情報と紐づけて、ほぼ正確なWi-Fiルータの位置をデータベース化してくれている企業があるため、そのデータベースからWi-Fiルータの位置を知ればよい。

 この方法も非常に精度が高く、私自身、東京駅前の丸ビルでGPSのないパソコンを用いて試してみたところ、何階のどの会議室に私がいるのかということを、すぐに割り出せた。

 人里離れた山の中など、Wi-Fiの電波がないところでは使うことができないが、多くの電波が飛び交う都市部や商業地域、住宅街などでは有効性の高い方法である。

 ただし、ウェブサイトを見ているからといって、即座にWi-Fiを用いてあなたの居場所を探し当てることはできない。この方法を用いるには、あらかじめ専用のアプリなどをインストールしてもらっておく必要がある。

 といっても、それはさして大きな問題ではない。マルウェアに仕込んで、ウェブサイトからそのアプリをダウンロードさせたり、フィッシングメールに添付して送ったりすれば良いのだから。

足立照嘉『サイバー犯罪入門 国もマネーも乗っ取られる衝撃の真実』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

大規模サイバー攻撃により、チェルノブイリ原発一時停止。
原発、病院、銀行、交通機関ーー日本も狙われている! 

世界中の貧困層や若者を中心に、ハッカーは「ノーリスク・ハイリターン」の夢の職業だ。同時に、サイバー犯罪による"収益"を資金源とする犯罪組織やテロリストは、優秀なハッカーを常に求めている。両者が出会い、組織化され、犯罪の手口は年々巧みに。「気付かないうちに預金額が減っている」といった事件も今や珍しくないし、数十億円を一気に集めることも容易い。一方で、日本人は隙だらけ。このままでは生活を守れない! 日々ハッカーと戦うサイバーセキュリティ専門家が、ハッカーの視点や心理、使っているテクニックを、ギリギリまで明かす。

あわせて読みたい

「サイバー攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  2. 2

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  3. 3

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  4. 4

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  5. 5

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  6. 6

    鈴木五輪相に政治資金疑惑が浮上

    NEWSポストセブン

  7. 7

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  8. 8

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  9. 9

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。