記事

【トヨタ・マツダ資本提携】人の移動手段、馬→車から110年。ついに大転換期か?

1/2

4日(金)にトヨタとマツダが資本提携してEV(Electric Vehicle、電気自動車)の共同開発を発表しました。

自動車メーカーの合従連衡はすでにいろいろな形で進んでいます。
日産自動車はルノーや三菱と資本提携していますし、世界的にも単独で事業を行っている自動車メーカーの方が少ないかもしれません。
しかしこれまでの提携は、グローバリゼーションが進むなかでスケールメリットを求めるたり、日本国内の消費が減少しているので過当競争では利益が出ないことからなどがありましたが、今回のトヨタとマツダはこれらと全く違います。

2社の資本提携は、
・それぞれ500億円ずつ出資して互いの株を持ち合う
・1700億円を折半してアメリカに新工場を作る
・EV(電気自動車)を共同で開発し、アメリカ工場で生産を進める
などとなっていて、その背景には世界的なEV(電気自動車)化の波があります。

トヨタはハイブリッドカー「プリウス」を世界的な大ヒット商品に育て上げましたがガソリンと電気を利用するので純粋なEV(電気自動車)ではありません。
一方、日産はすでにEV「リーフ」を発売していますし、BMWは全ての車種でガソリン車やディーゼル車とともにEVを生産することを発表しています。
また現在は中国企業の傘下に入っているスウェーデン発祥のVOLVOは2年後の2019年に全ての車種をEVにするということです。

自動車メーカーの相次ぐEV化の波は各国政府の動きに当然、連動しています。
イギリスやフランスは2040年にガソリン車・ディーゼル車は一切禁止すなわちEVのみにすることを発表していますし、オランダやノルウェーではもっと早めて2025年までにという動きもあります。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  5. 5

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  6. 6

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  7. 7

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  8. 8

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  9. 9

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。