記事

日本の名刺文化を揶揄? 比女優に非難殺到 日本の名刺交換はユニーク?

1/2

maroke / shutterstock.com
maroke / shutterstock.com

 日本には、欧米に比べて独特の礼儀作法が多い。中には、現代には必要ないのではないか思われる習慣もあり、その一つがビジネスの場面で行われる名刺交換だ。

 欧米でも名刺を交換する場合があるが、日本の名刺交換はビジネスの場面では欠かせず、さらに、いくつかのルールが存在するところが異なる。例えば、両手で差し出す、相手の名刺を受け取ったら拝見し、ミーティングなどで目の前に机がある場合は机の上にいただいた名刺を置いておく、など仕事をするようになると見て覚えたり、上司から注意されながら学んだりするビジネス上の常識がある。

◆海外にも良く知られる名刺交換エチケット

 今回、この名刺交換について、フィリピンの女優でモデルのイザベル・ダザさんがインスタグラムのストーリー機能にアップしたビデオが、「日本の名刺交換の文化を尊重していない」としてネットユーザーから非難された。

 このビデオでは、妹のアバさんが両手で差し出している名刺をイザベルさんが受け取り、直後に握りつぶしてアバさんに投げつけているもので、コメント欄には「名刺をこうして渡してくる人には、こうやってやりたい」と綴られている。

 著名人である彼女には、連絡先を渡してくる人が何人もいるだろうから、必死に両手で渡されても逆に困る、迷惑だ、というところが本音なのだろうが、動画を見たユーザーからは、日本では相手を尊重するために両手で渡している、(名刺を投げ返すという行為は)日本の文化を冒涜する行為であり、もっと他国の文化に対してセンシティブになるべきだと批判のコメントが寄せられた。イザベルさんは後に、「日本人でもない妹がこのようにして渡してくるのが嫌だ。プライベートなジョークだった」としているが、やや苦しい言い訳という感が否めない。

 しかし、注目したいのはイザベルさんのビデオではなく、ネットユーザーが彼女のインスタグラムに寄せた批判だ。日本の名刺交換の習慣が海外でも知られていることを表していることに他ならない。

あわせて読みたい

「名刺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    五輪ボラへの1000円支給は無意味

    キャリコネニュース

  4. 4

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    マンション価格の高騰に危機感

    Chikirin

  6. 6

    よしのり氏 新潮45を差別すべき

    小林よしのり

  7. 7

    今井絵理子議員 2期目は絶望的?

    女性自身

  8. 8

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

  9. 9

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。