記事

「第二自民党」でも民意に近い選択肢が増えればいい

1/2

強い野党がなくなり、緊張感を失った政治は政権の緩みを生み、その図式どおりに安倍内閣が陥り、政権への不信感を広げました。当然のことですが、どの内閣であっても、健全でありつづけるためには、拮抗し、政策をチェックし、権力の腐敗を監視できるパワーが必要になってきます。そして与野党が競い合うことによって、国民の政治への関心も高まり、さらに政治のレベルも高まっていく善循環を描いていくことが理想です。

さて、本来なら第一野党としてそんな政権への拮抗力となる役割を期待されていたはずの民進党ですが、自民党以上に液状化状態に落ち込んでしまいました。そんな民進党の代表選が近づいています。ただあまり注目度も期待感も高いとはいえないように感じます。

さてそんな与野党の健全なパワーバランスに関しては、二大政党制を想定する発想が多いのですが、実際の世の中、とくに市場では、もっと多様なパワーバランスのありかたが現実には存在します。必ずしも2つのブランドが対抗しあう構図とは限りません。

さて、民進党の代表候補の枝野さんが、「“第二自民党”では本物の自民党に勝てるはずはない。自民党との違いを示してあるべき社会の姿を明確にする」とおっしゃっています。自民党と差別化を追い求めるという発想そのものは必要ですが、それが行き過ぎると、かえって国民から遠のく結果につながりかねない危うさを感じます。

民進代表選出馬の枝野氏「第二自民党では勝てない」目指す社会像の違い示す | THE PAGE(ザ・ページ) : 

自民党と「なにが違うのか」ではなく、「自民党ではどのような国民のニーズに応えることができないか」から、そんなニーズを掘り起こし、その解決を目指すことを追求する方法もあります。大阪や東京で起こったのはカタチこそ違いますが、こちらです。

大阪がいい教訓を残しています。対自民ではなく、維新つぶし、大阪都構想潰しのために、共産党とも手を組み、左派の知識人に頼った結果、民進党はほぼ消滅し、同じ路線を追随した自民党も議席を大きく減らし、第一党から転落してしまいました。

枝野さんの発想には、競争戦略は派手なバトルでなければならないという発想を感じます。それは互いにやじり合い、国会でバトルする野党こそ存在感を示せるということでしょうか。しかしこの間の自衛隊の日報問題、森友学園、加計学園問題など、どうみても国会での質疑、さらにメディア・スクラムによって安倍内閣が追い詰められたにもかかわらず、民進党の支持率は全く伸びていません。

国民が望んでいるのは、自民党とバトルする存在ではなく、自らの代表として働き、国政に働きかけてくれる存在です。

さてビジネスの世界では、自社、またライバルの強みや弱み、またどこにチャンスがあるのか、なにが脅威になってくるのかを読んで戦略を立てることが広く行なわれています。

それで自民党の現在の強みが何で、しかもその強みが弱みにもなり得ることはなにでしょうか。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  5. 5

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。