記事

いったいどうした週刊現代 医療を良い方向にこのまま頑張れ!

あの週間現代がとんでも医療否定第2弾です。第1弾はこちら五本木クリニックの桑満先生も驚いています。

>「大反響第2弾 絶対に受けてはいけないがん「免疫療法」と「民間療法」実例報告」

>真面目に生きてきた患者の弱みにつけ込み、財産を根こそぎ奪い取る悪い医者が山ほどいる
>借金してでも治療を
>医療のフリをした詐欺
>「先進医療」を謳うニセ医療
>「鍋」を買わせる医者

まあ本当とんでも医療ここにあり。そう詐欺です。そしてそれに加担する医師たちがいることは本当どうしようもありません。

今回は勝俣先生の解説がいっぱい入っています。樹状細胞ワクチン、自家がんワクチン、NKTがん治療、活性化リンパ球療法、カテーテルがん治療(一部のカテーテル治療は有効です。カテーテル専門家は一緒にするなとの不満あり)、がん遺伝子療法、自律神経免疫療法、そして高濃度ビタミンC療法は全て科学的エビデンスが希薄な「がん治療」として挙げられています。

そうわかりやすくいうと、症例報告レベルでは効果がある症例は確かにいるのだけど、プラセボ以上(自然に改善)の効果があるかどうか科学的に証明されていないというものです。それこそ自律神経免疫療法はまさにプラセボですかね。

また瀬田クリニック関連のHP見る限りほぼPDー1と同じぐらいの効果を得ていると書かれています。しかし正しい臨床試験がなされていないためこの数字が正しいかどうかわからないということが問題なのです。そしてその正しい情報が患者に知らされず、値段が高い治療を結果として騙されて受けてしまう人間がいることが詐欺なのです。(ちなみに瀬田クリニックHPでは症例報告ページはちゃんとそのまま出続けているのですが、びっくりしたことにある免疫治療関連病院の症例報告ページは削除されています。いい加減なものだったのでしょうか)

このような免疫治療に反応する患者がいることは事実です。でも確率は本当低い。それこそPDー1もわかっていないのですが、誰に効くのかがわかってくればこの治療も詐欺とは言われなくなる日が来るのかもしれません。瀬田クリニックはこの研究を推し進めようとしていると話を聞きました。

そして保険外治療と費用についても別の問題があります。正しい説明をすることで自由診療の範囲内に適正?な民間療法を行うことを私は否定しません。他に治療法がないと言われた人間が、正しい緩和療法を受けながら、確率は低くても何か治療を試してみたいという患者の気持ちを無下にはできません。理性を大切にしながらも感情を受け止めながら今は治療をしていくべきだと信念持ってます。

私たち医師は人間に対しているのです。正しい説明をしても患者が望むのであれば仕方がない。ただそこには適正な値段が欲しいと思っています。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。