記事

「一点の曇りもない」が疑わしい

加計学園問題について、2015年6月に国家戦略特区ワーキンググループが、愛媛県、今治市がヒアリングを行った際、加計学園の担当者も同席していたことが明らかになりました。

これまで政府側は、国家戦略特区の認定にあたっては全ての会議、議事録を公開し、公明正大な形で行なっているので「一点の曇りもない」と、国会でも答弁してきました。

ところが事実として分かったのは、国家戦略特区ワーキンググループの会合に加計学園の担当者が出席していた、しかしその際の発言記録は、政府としては「用済み」として破棄しているということ。

何が「一点の曇りもない」だと言いたい。結局は都合の悪いところは、「書類はない」、そして「記憶がない」というだけのこと。都合の悪いところは隠蔽する、そういうことです。「一点の曇りもない」という国会答弁は即刻訂正すべきです。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  5. 5

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  6. 6

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  7. 7

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。