記事

「一点の曇りもない」が疑わしい

加計学園問題について、2015年6月に国家戦略特区ワーキンググループが、愛媛県、今治市がヒアリングを行った際、加計学園の担当者も同席していたことが明らかになりました。

これまで政府側は、国家戦略特区の認定にあたっては全ての会議、議事録を公開し、公明正大な形で行なっているので「一点の曇りもない」と、国会でも答弁してきました。

ところが事実として分かったのは、国家戦略特区ワーキンググループの会合に加計学園の担当者が出席していた、しかしその際の発言記録は、政府としては「用済み」として破棄しているということ。

何が「一点の曇りもない」だと言いたい。結局は都合の悪いところは、「書類はない」、そして「記憶がない」というだけのこと。都合の悪いところは隠蔽する、そういうことです。「一点の曇りもない」という国会答弁は即刻訂正すべきです。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  4. 4

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  5. 5

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  6. 6

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  7. 7

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  8. 8

    小1死亡 エアコンつけぬ行政の愚

    永江一石

  9. 9

    マナー欠如の中国人にタイが怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。