記事

松居一代 セクシー場面ある31年前の映画に10万円の値つく


【ネットでは出演した旧作に高値が(松居一代のHPより)】

 船越英一郎(57)との泥沼離婚騒動が続く松居一代(60)。自ら無料動画をネット配信し話題を振りまく彼女だが、一方でかつての“お宝映像”に注目が集まっている。その作品とは、高校の英語教師を演じ、教え子役の岡竜也との禁断の恋を描いた映画『衝撃』(1986年公開、新東宝)。映画ライターの藤木TDC氏が解説する。

「『キャタピラー』など数々の名作を世に送り出した故・若松孝二監督の隠れた名作です。当時『11PM』(日テレ系)のアシスタントとしてテレビに出始めだった松居が、バストトップを露わにし、10分以上もの濃厚なセックスシーンに挑んで話題になりました」

 離婚騒動の直後、同作は“飛ぶように”売れたという。都内の中古ビデオショップ店員の話。

「定価1万5000円のVHS作品ですが、10年以上前に2点仕入れたときには既に生産中止となっていたので、2万5000円の値を付けました。長らく売れず、店内でホコリを被っていたのですが、松居さんがワイドショーを賑わせた7月初めに2点とも売れた。これならもっと高い値を付けても売れたと思います」

 ネット上の中古ビデオショップではどこも売り切れ。オークションサイトでは「プレミア価格」が付けられており、安いものでも3万円から、最高で10万円の値が付けられている(8月1日現在)。

 そのうち配信動画も有料化したりして。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

あわせて読みたい

「松居一代と船越英一郎の離婚騒動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  2. 2

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  3. 3

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  4. 4

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  5. 5

    橋下氏「公約比較なんて無意味」

    橋下徹

  6. 6

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏 デマ記事で質問状を送付

    辻元清美

  8. 8

    加計疑惑 検察が安倍政権に忖度?

    阪口徳雄

  9. 9

    選挙「風」で民主主義は劣化する

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    失速する希望の党 舛添氏が分析

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。