記事

「人のため、世のために」 京都賞を創設した稲盛和夫の哲学

1/3
藤吉 雅春 ,Forbes JAPAN 編集部

京都賞を創設した稲盛和夫
2017年6月、33回目を迎えた、京都賞受賞者が発表された。「人のため、世のために」を理念に、同賞を創設した稲盛和夫の哲学とは。

京都・烏丸通りに面したビルに入り、稲盛財団の「サロン」と呼ばれる一室で、85歳になる理事長の稲盛和夫にインタビューをしていたときのことだ。

「このへんでやめましょうや」
 
突然、稲盛が話を切り上げ、ソファから立ち上がった。彼は「稲盛さん自身は、今、欲はありますか」という質問に答えている最中であった。
 
京セラ、KDDIを立ち上げ、経営破綻したJALを再生させた稲盛は、中国で「経営之聖」と呼ばれる。拝金主義が渦巻く彼の地で、稲盛が説く「利他の心」が経営者たちに共感されている現象について意見を聞きながら、自身の欲について問うたところ、両目を閉じて沈思黙考した後、彼はこう話し始めていた。

「ないと言えば嘘になるかもしれませんが、もうないに近いですね。あれが欲しい、これが欲しいというのがないものですから、そういう意味でお金の使い道がないのです。今も印税が入ってきますけれども、出ていかないものですから」
 
ここまで話したところで、「やめましょうや」と、目の前でカーテンをぴしゃっと閉められたような緊張が走ったのだが、意外にも彼はこう続けたのだ。「麺がおいしいところがあるんです。一緒にラーメンでもどうですか」

稲盛フィロソフィの「原点」

「あの稲盛和夫とラーメンを食ったのか」正確に言うと担々麺なのだが、このときのことを誰彼となく話すと、一様に驚かれる。稲盛の経営哲学やJAL再生時の数々の逸話を聞いたり読んだりすると、烈火のごとく怒る厳しい人という印象が強いからか、ギャップがあるのだろう。

「稲盛さんは、良き師」と言う日本電産の永守重信はこんな話を教えてくれた。

「日本電産本社ビルの竣工式に稲盛さんがお祝いに来てくれたけど、鉢植えを指して『これは何や。あんたのところは全部、生の木を置いとるやないか』と言う。『水をやらないかんし、枯れたら捨てに行かんとあかん。全部手間がかかるやないか』と注意を受けました」

永守は「せこい」と言いたいのではない。「あの人の執念は本物」と言うのだ。その執念とは一体、何だろうか。「古い話になりますが」と、彼が述懐する人生最大の葛藤に原点がある。1955年、鹿児島大学工学部を出て入社した京都の碍子メーカー「松風工業」でのことだ。

「入社早々、給料が遅配で、同期入社の5人で『こんな会社にいてはいけないから、なるべく早く辞めよう』と話し合っていました。自衛隊の幹部候補生の募集を見て、私は受けようと思い、鹿児島の兄に戸籍抄本を送ってほしいと手紙を出したら、『せっかく入れてもらった会社なのに、不平不満ばかり言ってとんでもない』と戸籍抄本を送ってくれません。結局、同期は私一人になり、不平をぶちまける友だちもいなくなったので、設備が非常に粗末な研究室で研究に没頭することで、憂さを晴らしたのです」
 
近所でネギとモヤシと味噌を買って、研究室で自炊し、寝泊まりしながら、日本初の画期的なファインセラミックスの開発に成功した。

入社から3年後に退社したが、「稲盛くんのファインセラミックスの技術を世に問う」と、自宅を担保に入れてまでして出資金を用立てる者たちにより、京都セラミックは誕生した。稲盛が「京セラをつくっていただいた」という言い方をするのは、このためだ。

京セラ設立後、大手メーカーから電話があり、こう言われたことがある。

「大変失礼な言い方ですが、うちには東大や東京工業大学で窯業を専攻した連中がたくさんいるけれど、彼らができないことを、鹿児島大学しか出ていないあなたが次から次にやれるのはなぜですか。できれば、我々の注文をつくってくれませんか」
 
下請けとして技術を提供してくれという依頼である。彼は「その気はありません」と断った。

創業3年目の29歳のとき、経営哲学の原点となる事態に直面した。高卒社員11人が定期昇給など将来の待遇保証をしてほしいと要求書を突きだしたのだ。労働運動が激しい時代でもあり、苛烈な団体交渉が3日間続き、それは稲盛の自宅にも及んだ。

「そのとき、心から思ったのは」と稲盛は言う。「会社をつくっていただき、何とか頑張って立派な会社にして、自分の給料も増やしてもらい、郷里で苦労している両親と5人の弟妹に仕送りができればと思っていたら、社員たちから『我々の生活をどうしてくれる』と言われる。他人である社員のために一生懸命尽くして、大事な自分の弟や妹の面倒もみられないとは、なんと寂しいことよと思いました。しかし、会社経営とはそういうものだとわかったのです。中に住む社員を幸せにすることが第一であると思った瞬間、会社経営の目的を『全従業員の物心両面の幸福を追求する』とメモ帳に書き、翌日、全社員の前で宣言しました」

あわせて読みたい

「稲盛和夫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

  10. 10

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。