記事

松本人志「飲み会でフライドポテト注文は腹立つ」 強すぎるこだわりに「これだから若い人が飲みに行かなくなる」という声も

上司と居酒屋に行ったとき、何を頼むのが正解なのか。8月6日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系列)で、ウンタウンの松本人志さんが、飲み会での後輩の振る舞い方について語った。

以前キャリコネニュースでも、おーぷん2ちゃんねるにスレッドが立った「上司との飲みでフライドポテトを注文したら『いつまで学生気分なんだ』と怒られた」という話を紹介した。番組でも取り上げられ、松本さんは上司の方を支持した。

「フライドポテトにイラっとくるのは分かるかなあ。もうちょっとオツなものを頼んでほしい。おひたし的なものとか。何やろなあ、フライドポテトは腹立つなあ」

「みんながビールって言ってるなら、一番下のヤツはビールに合わせろよ」

公式サイトをキャプチャ
公式サイトをキャプチャ

フライドポテトについてはケチャップの2度付けもイラッとするようで、「フライドポテトはダメですね」と言い放っていた。社会学者の古市憲寿さんは、

「その人が好きなものを頼めばいいじゃないですか。任された以上はプリンから注文しますよ」

と反論。これに松本さんは「絶対イヤや。何飲めばええねん、居酒屋やってのに」と嫌悪感を顕わにした。

山崎夕貴アナウンサーも「フライドポテト絶対頼むんですけど、おひたしってビールに合わなくないですか?」と反論したが、松本さんは「いやいやいや、食いものと男の考え方おかしい」とバッサリ。フライドポテトはとにかくダメなようだ。

注文するお酒についても一言あるようで、

「みんながビールって言ってるなら、一番下のヤツはビールに合わせろよ。それを『いや僕は~』言うて、セックスオンザビーチ頼むヤツがおる」

と不満気に話していた。たしかに居酒屋に着いたら早くお酒にありつきたいもの。全員ビールを注文すれば選ぶ手間も、お酒が運ばれてくるタイムラグも少ないだろう。注文センスの良し悪しより、上司に配慮ができない後輩にイラっとしているようだ。

「グチグチ文句言う先輩とは居酒屋に行きたくない」

松本さんの飲み会に関する不満はこれだけに尽きない。「酒飲めないヤツはいいんですけど」と前置きした上で、

「それで黒烏龍茶頼むヤツがおるんです。若干高いねん、ウーロン茶にしとけや! なんやねんちょっとダイエット効果期待しやがって! 黒烏龍茶(頼むヤツは)最低。許せへん」

と言い切っていた。

他にも焼肉屋で鉄板の真ん中から肉を置いていく人に対して「火が強いから端から置いていけよ」、「お腹いっぱい」と言っている中でシメの雑炊のごはんを人数分頼む人に「めっちゃ米増えるから! 一膳で十分」などと語った。

自分で「僕、居酒屋に向いてない。いつもイライラするんですよ」とは言っていたが、このこだわりようにネット上では

「とりあえずこういうグチグチ文句言う先輩とは居酒屋に行きたくない」
「そんな風に居酒屋で頼むものまで決めつけてくるから余計若い人が飲みに行かなくなるんだろ」
「人に適当に頼んでって言っときながら頼んだ物に文句つけるんだったら最初から自分で頼めよって以前も思いました」

という声が多く寄せられていた。ちなみに40~50代が頼んでほしい「神セブン」メニューは、枝豆、たこわさ、出し巻き卵、からあげ、焼き鳥盛り合わせ、刺身盛り合わせ、ミックスピザだそうだ。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  3. 3

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  4. 4

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  5. 5

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

  6. 6

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  7. 7

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  9. 9

    加計学園の新聞一面広告に驚き

    天木直人

  10. 10

    質問時間比率ばかり見るマスコミ

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。