記事

レモンサワー発祥の店 店主が語るおいしい作り方

【レモンサワーをおいしく作るコツを解説(写真/アフロ)】

 レモンサワーの誕生は昭和33年。当時、東京・中目黒にあった伝説の店、もつ焼き『ばん』が発祥といわれている。自らレモンをギューッと搾る昔ながらのスタイルも、レモンの風味豊かな新スタイルも、どちらも甲乙つけがたし。

「さぁ、飲みながら話しましょうか」。店主の小杉潔さんはいきなりレモンを搾り出した。元々、店主の兄が中目黒でやっていた『ばん』を畳み、2013年に祐天寺で開業した。

「当時はチュータンとかチューハイと呼ばれていました。うちの兄が、レモンとさわやかのサワで、レモンサワーだ! って言ったのが始まり」

 早速レモンサワーを注文すると、三重県の焼酎『キンミヤ焼酎』と氷が入ったジョッキ、レモン1個、瓶入りの炭酸水がセットで出てきた。

「焼酎もレモンも嫌みがないでしょ。でもね、これが結構効くんですよ」とニヤリ。

 ギュッギュッとレモンを搾ったジョッキに炭酸水を注ぐと、パチパチと弾け、フレッシュな香りが広がる。シンプルな味わい、この純粋さが染みる。気になる元祖のレモンサワーの作り方をご紹介!

「レモンをギューッとよく搾ります。1杯に半分使うのがいいかな。味は自分で調節してね」

「ここがポイント!」と小杉さん。

「最後に手で搾ると、香りが弾けておいしくなりますよ」

 続いて、「1本で2杯分ありますからね」。ハイサワーでおなじみ博水社の瓶入り強炭酸水を注ぐ。

「割り箸でかきまぜましょう。ぐるぐる~。はい、これで完成。キンミヤ焼酎はさとうきびを使っているので、ほんのり甘くてレモンに合うよ。おいしいね~」

 こんな補足情報も。「レモンの皮でこすると肌がすべすべになるから、ぜひやってみて」

 店主にとってレモンサワーとは何かと尋ねると、「幸せ」。そう言ってまたレモンを搾り始めた。写真は搾ったレモン(108円)を重ねて作られた「レモンタワー」だ。

※女性セブン2017年8月17日号

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。