記事

籠池夫妻の通名使用が判明 ことあるごとに改名する家訓あり


【人生のステージが上がるたびに改名するという(写真:時事通信フォト)】

 安倍政権に“爆弾”を投げ込んだ夫妻がついに逮捕されたが、事件の真相に先立ち、意外なことが判明した。

〈大阪地検特捜部は31日、前理事長の籠池泰典(本名・康博)(64)、妻の諄子(本名・真美)(60)両容疑者を、国の補助金をだましとったとする詐欺容疑で逮捕した〉(読売新聞8月1日朝刊)

 えっ本名? 泰典と諄子って名前じゃなかったの? そう、実は彼らはこれまで、本名とは異なる“通名”を使っていた。森友学園問題を取材する大手紙記者が言う。

「今回、検察によって本名が明かされましたが、私たちは取材時に気づいていました。森友学園が運営する塚本幼稚園を訴えようとした保護者たちが、籠池夫妻に訴状を送ったところ、『戸籍名が異なる』として届かなかったようで、本名でないことが分かったんです。籠池夫妻はプライベートでも通名を使って生活していたので、周囲も気付かなかった」

 なぜ通名を名乗る必要があったのか。その背景には籠池一家の“家訓”があるという。

「妻の諄子さんから聞いた話なのですが、『うちの家族は、人生のステージが上がるたびに改名する』という決まりがあり、ことあるごとに“改名”していたようです。子供たちも例外ではなく、長男の佳茂氏や、長女の町浪氏も本名ではないらしい。諄子さん曰く、『今の名前は靖国神社でいただいたものだ』と言っていました」(同前)

 もっとも、靖国神社関係者によれば、「他の神社と同様に新生児の命名のご相談に乗ることはあるが、成人の通名の相談に乗ることはない」というのだが……。

 事件の捜査が進み、夫妻が“新たなるステージ”を迎えた際には、また改名するのだろうか。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  3. 3

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  4. 4

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  7. 7

    小池都政 LED事業の厳しい現況

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  9. 9

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  10. 10

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。