記事

籠池夫妻の通名使用が判明 ことあるごとに改名する家訓あり


【人生のステージが上がるたびに改名するという(写真:時事通信フォト)】

 安倍政権に“爆弾”を投げ込んだ夫妻がついに逮捕されたが、事件の真相に先立ち、意外なことが判明した。

〈大阪地検特捜部は31日、前理事長の籠池泰典(本名・康博)(64)、妻の諄子(本名・真美)(60)両容疑者を、国の補助金をだましとったとする詐欺容疑で逮捕した〉(読売新聞8月1日朝刊)

 えっ本名? 泰典と諄子って名前じゃなかったの? そう、実は彼らはこれまで、本名とは異なる“通名”を使っていた。森友学園問題を取材する大手紙記者が言う。

「今回、検察によって本名が明かされましたが、私たちは取材時に気づいていました。森友学園が運営する塚本幼稚園を訴えようとした保護者たちが、籠池夫妻に訴状を送ったところ、『戸籍名が異なる』として届かなかったようで、本名でないことが分かったんです。籠池夫妻はプライベートでも通名を使って生活していたので、周囲も気付かなかった」

 なぜ通名を名乗る必要があったのか。その背景には籠池一家の“家訓”があるという。

「妻の諄子さんから聞いた話なのですが、『うちの家族は、人生のステージが上がるたびに改名する』という決まりがあり、ことあるごとに“改名”していたようです。子供たちも例外ではなく、長男の佳茂氏や、長女の町浪氏も本名ではないらしい。諄子さん曰く、『今の名前は靖国神社でいただいたものだ』と言っていました」(同前)

 もっとも、靖国神社関係者によれば、「他の神社と同様に新生児の命名のご相談に乗ることはあるが、成人の通名の相談に乗ることはない」というのだが……。

 事件の捜査が進み、夫妻が“新たなるステージ”を迎えた際には、また改名するのだろうか。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    東京MXの沖縄・在日ヘイトは最悪

    『月刊日本』編集部

  5. 5

    はあちゅうセクハラ告発圧勝の力

    広瀬隆雄

  6. 6

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  7. 7

    楽天的すぎる楽天の携帯事業参入

    韋駄天太助

  8. 8

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  9. 9

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  10. 10

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。