記事
  • S-MAX

マンガの無料連載がもたらした発想の転換とは?第2回LINEマンガ主催プレスセミナー「“スマホ発”のヒット作創出に向けた各社の最新動向について」を写真とともに解説【レポート】

1/2
line-manga-2-001電子書籍の未来を考える「第2回LINEマンガ主催プレスセミナー」が開催!

LINE Corp.が都内本社にて電子書籍の現状と未来を考える『第2回LINEマンガ主催プレスセミナー「“スマホ発”のヒット作創出に向けた各社の最新動向について」』を7月25日に開催しました。

第1回のプレスセミナーは4月に開催され、紙の書籍の発行部数減少や書店の窮状について語られ、その上で認知と利用が広がりつつある電子書籍(電子コミックス)の現在やこれからの展望について多くのディスカッションが行われました。

あれから3ヶ月あまりでの第2回開催となりましたが、今回はどのようなテーマと切り口で電子書籍が語られたのでしょうか。なお、第1回LINEマンガ主催プレスセミナーについてはこちらの記事をご覧ください

line-manga-2-002
今回も多数の出版社からゲストが登壇しそれぞれの視点で電子書籍の現在と未来が語られた

■スマホは「新たなマンガ作品との出会いの場所」かもしれない

セミナーは前回と同じく2つのトークセッションが設けられ、トークセッションの前にはLINEマンガ編集チーム マネージャーの村田朋良氏による第1回の振り返りや現状についてのプレゼンテーションが行われました。

村田氏は「マンガの利用媒体はまだ紙がメインだがスマホで読む人が増加しており、LINEマンガが紙とデジタル双方に好影響を与えている。マンガの認知場所としてはスマホ向けアプリマンガアプリの方が紙よりも主体となりつつある」と、スクリーンに映し出されたアンケート結果のグラフなどを示しながら語りました。

マンガ作品を読む時間についてはすでに紙媒体よりもスマホの方が長くなっている点にも注目し、「マンガの媒体ではまだ紙が圧倒的に多いが読書時間はスマホの方が長い。起床後や就寝前、通勤通学、お昼休みなど、かつて感が雑誌が担っていた「隙間時間」にスマホ向けマンガアプリが置き換わっている」と分析しながら、紙媒体については「紙はマンガに集中したい時やゆっくりくつろぎたい時間に利用が多く、ユーザーが紙とスマホをうまく使い分け始めている」と、紙媒体とスマホが共存していることを強調しています。

line-manga-2-003
LINEマンガ編集チーム マネージャー 村田朋良氏

line-manga-2-004
紙媒体の利用率の低下以上にスマホの利用率の伸びが顕著だ

その上で村田氏は新たなマンガ(新作マンガ、知らなかったマンガ)と出会った経路や面白かったマンガと出会った経路などのグラフに着目し、スマホが新たな読者の発掘場所になるのではないかと分析。これまで紙媒体が新作発表のメインであったマンガ業界へ、スマホを新作や過去の作品の再発見の場として活用することを提案し、その後のトークセッションへと繋ぎました。

line-manga-2-005
スマホは新たなマンガ作品と出会う場として書店に肉薄している

line-manga-2-006
面白かった作品との出会いは新作に限らない。完結作でも知らなかった作品を読みファンになるケースは多く、そういった「旧作の掘り出し」でもスマホは大きな効果を出している

line-manga-2-007
「知らない作品と出会う場所」としてのスマホの活用にマンガの未来があるのかもしれない

■プラットフォーム運営ノウハウを活かした事業展開とアプローチを強みに

トークセッション1では村田氏司会のもと、サイゲームス サイコミ編集部編集長の葛西歩氏、ディー・エヌ・エー IPプラットフォーム事業部事業部長(兼)開発一部部長(兼)マンガボックス編集部編集長の安江亮太氏、LINEマンガ編集部編集長の中野祟氏が登壇し、「IT企業発のマンガサービスが考えるコンテンツ戦略とは」という題目でトークが行われました。

最初に村田氏からサイゲームスの葛西氏へ「サイコミはコミックスをどう売っていくのか」と振られると、葛西氏は同社のスマホ向けゲーム「グランブルーファンタジー」のコミックス化などを挙げ、「ゲームのコミカライズはもとより新作をマンガだけではなくアニメやドラマ展開していく」とメディアミックスによる戦略を語り、エンターテインメント総合企業としての強みを活かしていくと述べています。

一方で「サイゲームスがマンガをやっているという認知度がまだまだ低い」として、現在は認知度の向上に注力している点も強調しています。

line-manga-2-008
「グランブルーファンタジー」のコミックス第1巻を手に語るサイゲームス サイコミ編集部編集長 葛西歩氏

ディー・エヌ・エーの安江氏は「我々はモバゲーというゲームプラットフォームをやってきたが、その発想からマンガボックスというプラットフォームによって他社との作品協業などを目指している」と語り、同社が得意とするプラットフォーム事業の一環としてマンガコンテンツを考えている点を主張しました。

また女性向けマンガの「恋と嘘」が180万部のセールスを上げアニメや実写化も進行している点や同じく女性に人気の「骨が腐るまで」などが堅調な推移を見せている点を挙げ、「好調なマンガボックス」をアピールしたいとしています。

line-manga-2-009
ディー・エヌ・エー IPプラットフォーム事業部事業部長(兼)開発一部部長(兼)マンガボックス編集部編集長 安江亮太氏

line-manga-2-012
メディアミックス展開は各社とも注力するポイントのようだ

LINEの中野氏はオリジナル作品の連載を強化していく方針を語り「現在は毎週200作品程度を更新しており、オリジナル作品も10作品強入っている。今年中にオリジナル連載を30本に増やしたい。このくらいやっていかないとヒット作は出ない」と強気のコメント。スマホが新たな作品との出会いの場であるという自社の分析を忠実にトレースした戦略を推し進める見解を示しました。

line-manga-2-011
LINEマンガ編集部編集長 中野祟氏

その後村田氏が「どのようにしてオリジナル作品を生み出していくのか」について話題を振ると、葛西氏が「新人賞からの発掘やコミティアでの持ち込み、専門学校など様々なアプローチでいく」と語ると安江氏や中野氏も「我々も似たアプローチ」と続け、各社オリジナルの新人賞などの開催が重要であると指摘しています。

line-manga-2-010
作品の鮮度や新作ラッシュはマンガ業界にとって生命線と言える

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  9. 9

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  10. 10

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。