記事

被害額100億円以上?TSR独自取材で循環取引の実態に迫る

 「売上急増の理由は循環取引だ」。
 総額1,000億円とも言われる循環取引が表面化した。東京商工リサーチの取材で、循環取引に巻き込まれた商社の関係者は「ATT(株)(TSR企業コード:032028687、墨田区)のA社長から中国との大きな取引になるので間に入ってほしいと頼まれた」と、循環取引に巻き込まれた経緯を明かした。
  この商社は取引を始めると瞬く間に、取引額が膨らむ異常さに気付き、取引から手を引いた。だが、循環取引に最後まで関わった取引先の「被害額」は大きく膨らんだ。

ATTが行った循環取引の概要(資金の流れ)

ATTが行った循環取引の概要(資金の流れ)

 なぜ、商社は循環取引に巻き込まれたのか。取引に参加した商社の関係者は、「ATTには白いATTと黒いATTがあった」と話す。
 「黒いATTを循環取引とすれば、通常のビジネスを行っていた白いATTはA社長の営業力、コーディネイト力で疑う余地はなかった」との声が多い。ある商社は「白いATT」の取引の延長線で商流参加を求められ、引き込まれていった。
 2016年12月末、ATTにノンバンクなどを譲受人とする債権譲渡登記が合計16本、一斉に設定された。そして、2カ月後の2017年2月末、債権譲渡登記が一斉に抹消された。この時期にATTの資金繰りがひっ迫していたことが疑われている。すでに、「黒いATT」がけん引した循環取引は崩壊していたのだ。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年8月4日号で循環取引の内容を詳報予定)


 TSR情報とは別ウィンドウで開きます。

あわせて読みたい

「循環取引」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  4. 4

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  7. 7

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  8. 8

    時給400円 人気女性ブランド炎上

    キャリコネニュース

  9. 9

    若者の中国観に議論紛糾する日本

    文春オンライン

  10. 10

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。