記事

介護と愛情――ACジャパン広告学生賞の作品を見て

1/2

 「今日、母は私の名前も言えなかった。」――で始まる、このACジャパン広告学生賞の作品が日経の夕刊に出ていたのを眺めていて、なんだかホロリときてしまって、不覚にも涙が出た。

https://www.ad-c.or.jp/campaign/cm/pdf/np-semi-grandprix.pdf

 「これが涙。」「私、泣いてるの? なぜ、泣いてるの?」状態。

 一体、ぼくはなんでうるうるしているのか。

 よく考えてみると、自分の娘が大きくなって、自分が認知症とかになって娘の名前を言えなかった情景を思い浮かべているのだった。しかもその間にあるであろう、親としての自分がいたす、各種の苦労まで想像して。いや、まだその苦労をやってないんだけどさ。図々しいにも程がある。

 子目線の広告なのに、読んで泣いているのは、親の俺。

 はっ、と気づくと、「ぼくの母親がぼくの名前を言えなくなる日」という情景はいささかも思い出さなかった

 読売新聞のコラム「編集手帳」の一文を思い出す。

親が子を思う情はいつの世にも、「永遠の片思い」であるという。片思いに応えられる年齢になったとき、親はいない。墓前にたたずめば人は誰もが、「ばか野郎」となじってもらいたい親不孝な息子であり、娘であろう。

http://diary.e-yazawa.her.jp/?eid=864560

 子どもからすれば、親の介護は、注いでくれた愛への恩返しではなく、「まあ育ててくれた恩義は忘れちゃいないけど、大人になった今、こっちはこっちでいろんな事情があるんで、ぶっちゃけ面倒。まあ放ってもおけないので、やりますか」みたいな感じではないのか。

 介護(というか福祉)は愛情の問題と結びついて語られることが多い。家族愛とか夫婦愛ね。

 愛情がある家族は、介護をするだろう。

 しかし、それは介護の必要性が問題になるのではなくて、家族介護をするのか、社会サービスとして介護を利用するのか、という問題として現れるはずだ。愛情の表現として自分自身が介護をしなければならないという思いにとらわれてしまい、この広告にあるように自分も倒れてしまう。社会サービスとしての介護を使うことを、愛情がないことのように思ってしまう錯覚である。

 この広告は、

冷たい?

いいえ、それが私の

精一杯の愛情です。

https://www.ad-c.or.jp/campaign/cm/pdf/np-semi-grandprix.pdf

と結んでいる。この理屈は、「社会サービスとしての介護を利用することは愛情の表現である」という説得になっている。

 それはそれで一つの理屈だ。

 理屈だけど……。

 愛情の問題に還元しなくてもよくはないか。

 愛情で介護は成り立つのか。

 もちろん愛情によって成り立つ介護もあるので、否定はしない。

 だけど、愛情が薄い、とか、それどころか愛情なんてさらさらない、とか、むしろ反感や憎しみさえ覚えている、という家族というものがいて、そいつの介護をどうするのか。そのあたりの方が深刻じゃなかろうか。

あわせて読みたい

「家族の介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。