記事

今は一人ぼっちで心細いだろうが、いずれは崖から飛び降りた勇気を讃えられるはず

まあ、本当にはどの程度の高低差があったのか分からないが、細野氏にとっては断崖絶壁から飛び降りるくらいの緊張感があったのだと思う。

よくぞ、この段階で民進党からの離党を宣言したものだ。
よくやった、よく決意した、と申し上げておく。

元代表代行の離党宣言だから大激震が走ってもおかしくないところだが、この段階になっても「政権の受け皿」論を述べて党の結束を促す人が現れてくるから、民進党の方々の認識はずいぶん甘いものである。
私が見ている限り細野氏は民進党の次世代のエースであり、民進党再生の希望の星だった。

そういう大事な人を失ってしまう、ということに危機感を抱いておられない人が今の民進党の大部分を占めているということであれば、民進党の危機は実に深刻だと言わざるを得ない。

民進党の内部の方から見える風景と民進党の外にいる私たちの見ている風景がまったく違うのだろう。

今の民進党のままで展望はあるんでしょうかね、とお聞きしたいところだ。

大した展望がないのであれば、動いたらいい。
走り回ったらいい。
棚から牡丹餅が落ちてくるのを待つ「受け皿」のようなことは、民進党の皆さんは考えない方がいい。

結局は細野氏が民進党解体の引き金を引いた、ということになるのだろう。

細野氏は今は一人ぼっちのようだが、やがては民進党のファーストペンギンの一人、ということになるはずである。
中がグズグズになっているのに頭だけ代えて何とかしようとするより、グズグズになったものは一旦全部取り壊して新しいものを作った方が、手っ取り早く、かついいものを作れるものだ。

民進党の賞味期限も消費期限もずいぶん短かったなあ、ということになるだろうが、これは止むを得ないところだ。

あわせて読みたい

「細野豪志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  2. 2

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  3. 3

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  4. 4

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  5. 5

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  6. 6

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  7. 7

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  8. 8

    野田前首相 カジノ法案に目が点

    野田佳彦

  9. 9

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  10. 10

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。