記事

北京大卒業式で米留学生がトランプ氏は始皇帝のようだと批判

トランプ氏に対し中国からも批判の声(写真・アフロ)

【トランプ氏に対し中国からも批判の声(写真・アフロ)】

 7月初旬に行われた中国の名門、北京大学の卒業式で、米国出身の卒業生がドナルド・トランプ米大統領について、国境に万里の長城を築き、言論を弾圧した秦の始皇帝になぞらえて、「彼はまさに秦の始皇帝になろうとしているようだ」と批判。この発言が中国語版ツィッター「微博(ウェイボ)」で中国各地に拡散し話題になっている。

 中国の大学で、米大統領批判が飛び出し、しかも、それが当局の検閲もなしに拡散するのは極めて異例。これは、中国人の女子留学生が米メリーランド大学の卒業式のスピーチで、米国では「自由は空気であり、情熱、愛情でもある」などと主張し、暗に中国の言論弾圧を批判したことへの意趣返しとみられている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、この北京大学の米国人留学生はコディ・アビー氏で、数千人が出席した卒業式で、外国人留学生を代表してスピーチ。

「新しいアメリカの大統領はかつての中国の皇帝のように、国境に万里の長城を建設して、他の国の人々が入ってこないようしたいようだ」と述べるとともに、「始皇帝はかつて儒教の学者を生き埋めにして殺し、儒教の経典を燃やすなどの言論弾圧を行った。まるで、いまの米大統領のようだ」などと激しいトランプ大統領批判を展開した。

 アビー氏のスピーチは12分間に及んだが、そのスピーチの内容すべてがウェイボで動画配信された。

 同紙のコメント書き込み欄には「アメリカの大学の卒業式で、中国人の女性留学生が中国の言論弾圧や民主化封じ込めなどを批判したスピーチの報復だ。こんな子供じみたことをするから、『中国は独裁体制で自由がない』と批判されるのだ」との意見がみられる。

 さらに、「アメリカは自由の国だ。国民すべてに大統領を批判する自由がある。北京大学のスピーチはまさに、アメリカの自由を表したものだ。でも、中国では公の場での習近平批判が許される自由はあるだろうか。あるいは、米国人留学生が中国の大学で習近平を批判しても、アビー氏のように、ウェイボに掲載されるだろうか」など中国に批判的な書き込みもみられる。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  5. 5

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  6. 6

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  7. 7

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。