記事

北京大卒業式で米留学生がトランプ氏は始皇帝のようだと批判

トランプ氏に対し中国からも批判の声(写真・アフロ)

【トランプ氏に対し中国からも批判の声(写真・アフロ)】

 7月初旬に行われた中国の名門、北京大学の卒業式で、米国出身の卒業生がドナルド・トランプ米大統領について、国境に万里の長城を築き、言論を弾圧した秦の始皇帝になぞらえて、「彼はまさに秦の始皇帝になろうとしているようだ」と批判。この発言が中国語版ツィッター「微博(ウェイボ)」で中国各地に拡散し話題になっている。

 中国の大学で、米大統領批判が飛び出し、しかも、それが当局の検閲もなしに拡散するのは極めて異例。これは、中国人の女子留学生が米メリーランド大学の卒業式のスピーチで、米国では「自由は空気であり、情熱、愛情でもある」などと主張し、暗に中国の言論弾圧を批判したことへの意趣返しとみられている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、この北京大学の米国人留学生はコディ・アビー氏で、数千人が出席した卒業式で、外国人留学生を代表してスピーチ。

「新しいアメリカの大統領はかつての中国の皇帝のように、国境に万里の長城を建設して、他の国の人々が入ってこないようしたいようだ」と述べるとともに、「始皇帝はかつて儒教の学者を生き埋めにして殺し、儒教の経典を燃やすなどの言論弾圧を行った。まるで、いまの米大統領のようだ」などと激しいトランプ大統領批判を展開した。

 アビー氏のスピーチは12分間に及んだが、そのスピーチの内容すべてがウェイボで動画配信された。

 同紙のコメント書き込み欄には「アメリカの大学の卒業式で、中国人の女性留学生が中国の言論弾圧や民主化封じ込めなどを批判したスピーチの報復だ。こんな子供じみたことをするから、『中国は独裁体制で自由がない』と批判されるのだ」との意見がみられる。

 さらに、「アメリカは自由の国だ。国民すべてに大統領を批判する自由がある。北京大学のスピーチはまさに、アメリカの自由を表したものだ。でも、中国では公の場での習近平批判が許される自由はあるだろうか。あるいは、米国人留学生が中国の大学で習近平を批判しても、アビー氏のように、ウェイボに掲載されるだろうか」など中国に批判的な書き込みもみられる。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    北の漂着船が持つ一触即発の火種

    WEDGE Infinity

  5. 5

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  8. 8

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  9. 9

    堀江氏の「進学支援ムダ」本気か

    大西宏

  10. 10

    若者の中国観に議論紛糾する日本

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。