記事

「不審者に気をつけて」で子どもを狙う犯罪は防げない 犯罪者から犯罪機会を奪う「犯罪機会論」とは - 小川たまか (ライター・プレスラボ取締役)

1/2

 子どもを狙った悲しい事件が報道されるたび、「どうすれば子どもを守れるのか」とやるせない思いを抱いている人も多いのではないだろうか。狙われる側の防犯能力を高めなければという声がある一方で、「子どもにマンツーマンディフェンスさせるのは酷。ゾーニングに基づくゾーンディフェンスで犯罪者に『あきらめ感』を」と説くのは犯罪学研究の小宮信夫さん。「ゾーンディフェンス」とは、犯罪が起こりやすい環境である、「入りやすく見えにくい場所」を、「入りにくく見えやすい場所」に変えていく取り組みだ。今年4月に刊行された著書『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』(小学館)では、小宮さんが訪れた世界92カ国でどのような防犯対策を行っているのかがオールカラーの写真とともに紹介されている。犯罪を行う動機を持った者から犯罪を行う機会を奪うことで子どもを守る「犯罪機会論」について、小宮さんに話を聞いた。


『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』(小宮信夫、小学館)

小宮信夫(こみや・のぶお)
立正大学文学部教授。社会学博士。日本人として初めて英国ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科を修了。国連アジア極東犯罪防止研修所、法務省法務総合研究所などを経て現職。「地域安全マップ」の考案者。警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に係る調査研究会」座長、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」座長などを歴任。著書に『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』(小学館)、『犯罪は予測できる』(新潮新書)など。公式サイトは「小宮信夫の犯罪学の部屋」

犯罪動機+機会で犯罪が発生する

――日本でよく知られているのは、犯罪者の動機から防犯を考える「犯罪原因論」。世界ではよく知られている「犯罪機会論」が日本では知られていないと小宮先生は仰います。

小宮:海外では犯罪学について「犯罪原因論」(以下、原因論)と「犯罪機会論」(以下、機会論)、それぞれ半数ずつくらい研究者がいます。日本では機会論の研究者は少ないですね。

――動機があるから犯罪が起こる。それではその動機を研究して対策を立てようというのが原因論。機会論は?

小宮:動機があれば直線的に犯罪発生につながると考えている人がほとんどかもしれませんが実際はそうではなくて、動機を持っている人が犯罪の機会に巡り合ったときに犯罪が起こります。それならその機会を減らしていこうというのが機会論です。

 よく例に出すのが冬によく起きる静電気です。人の体の中には静電気がある。静電気は、金属類に触ることで火花放電する。金属類に触らなければビリっとなりません。機会論で言うと、体の中の静電気が動機、金属類が機会です。

====
機会論の実践の具体例が、『写真でわかる世界の防犯』ではわかりやすく紹介されている。たとえば、公園の遊具は一か所に集め、さりげなく周囲をフェンスで囲むことで「入りにくい場所」にする。また、遊具の近くにベンチを設置しなかったり、逆側に向けて設置したりすることで、「接触や物色」をやりにくくしている。
====

――機会論の良いところは何でしょう?

小宮:原因論になってしまうと、個人が防犯するのは非常に難しいです。どういう人に動機があるのかを一生懸命探そうとするわけですから。動機が服装、言葉、表情に表れるかといえばそうとは限りません。けれど機会論の場合、景色を眺めればそこが危ないかどうか、すぐに判断できます。

 例えば、大人が子どもに交通安全を教えるとき、「横断歩道のない場所は渡らない」「ここは見通しが悪いから気をつけよう」と、危険な場所・景色を教えますね。「変なドライバーには気をつけましょう」なんて言いません。でも防犯の場合、「不審者に気をつけましょう」をやってしまっている。誰が不審者かなんて、大人でも判断できません。

「不審者に気をつけよう」は危険

――考えてみると「不審者」というのは不思議な言葉です。

小宮:不審者という言葉が一般的に使われるようになったのは実は最近です。2001年に附属池田小事件が起こった後、文科省がつくったマニュアルの中で「不審者」が使われました。ただ、そのときの定義はそれほどおかしくなかった。マニュアルの中で使われていた不審者の定義は「学校に正当な目的なく入ってきた者」、つまり不法侵入者ということでした。しかし、これがいったん現場で使われ出すと独り歩きして、マスコミも使うようになってしまった。

――今は「怪しい人」や犯罪者と同じような意味で使われていますね。

小宮:そうです。これは危険なことです。文科省がマニュアルを作る前にも、実は警察の中では「不審者」という言葉が使われていました。事件発生後に、怪しいと目星をつけた多くの人のことを「不審者」と呼んでいたのです。それを数人に絞り込んだ段階で「容疑者」と呼び、さらに、逮捕した時点で「被疑者」と呼んでいました。ここで大事なことは、警察でさえ、不審者という言葉は事件発生後に使っていたということです。今は事件発生前から「不審者には注意」と言ってしまっています。

――よく知られている防犯の常識が実は不正確だった、非常識だった、という例は他にありますか?

小宮:夜道が危険とか、人通りのない場所が危険という考え方ですね。本当に真っ暗な場所では犯罪は起こりません。なぜなら犯罪者も相手が見えず物色できないし、行動が鈍るからです。ある程度明かりがある場所の方がむしろ危ない。また、獲物を探す犯罪者がいるのは人通りの多い場所です。その方が物色しやすいからです。ストーカーでも誘拐でも、人通りの多いところで犯罪者はターゲットを見つけ、後をつけます。犯行が行われた場所が人通りのない場所の場合でも、実際は人通りの多い場所からスタートしているのです。

コミュニティの中で犯罪を考える「修復的司法」

――原因論研究にももちろん意味があると思いますが、原因論の場合、犯罪を加害者と被害者だけのものだと限定してしまう気がしています。加害者あるいは被害者だけに犯罪発生の理由を求めるからです。機会論だと、「コミュニティの中で防ぐ」「社会が防ぐ」という方向に意識が向きやすいように思います。

小宮:そうですね。犯罪が起こると被害者が責められることもありますし、コミュニティも傷つきます。地域全体の人間関係が悪くなっていく。海外では「修復的司法」がすでに行われていますが、これは地域のコミュニティの中で被害者と加害者の間に起こったトラブル・犯罪を考え、被害者のケアや再犯防止につなげる仕組みです。犯罪が起こると、被害者は裁判か修復的司法のどちらかを選ぶことができます。もちろん被害者が「絶対に顔を合わせたくない」「裁判で罰してほしい」と思っていれば裁判を行いますが、直接、加害者により深い反省を求めるために修復的司法を選ぶ被害者もいます。2つ路線をつくっているんです。日本ではまったく知られていない考え方です。

――コミュニティの中で考えることで、マイノリティになってしまいがちな被害者が救われるという意味がありそうです。話が戻りますが、「犯罪者に機会を与えるな」という機会論は「景色・環境の中に機会を発見する」ものですが、一方で特に性犯罪のような場合、「被害者が犯罪者に機会を与えた」と言われがちです。被害者の責任を問う風潮がある。「機会」の言葉が誤解を招くこともあるのではないでしょうか。

小宮:難しい部分です。犯罪は犯罪者が100%悪いのだから、犯罪機会論は良くないという意見も実際にあるようです。確かに被害者にはケアが必要ですし、その責任を言い立てることはあってはならない。ただ、景色に機会が潜んでいるように、実際に被害者が「スマホに気を取られていた」「イヤホンをつけていた」などの事実が「機会」の一つとなることがあります。ですから、被害者を責めてはいけないという理由で、「イヤホンをつけていると狙われやすい」と教えないでいいということにはならないと考えています。

――教え方の問題で、「歩きスマホに気をつけよう」といったことと同時に、「でももし狙われたとしても、それは犯罪者が悪い。自分が悪いと思わずに警察へ届けましょう」までをセットで教えないといけないのかなと思います。

小宮:その通りです。犯罪前と犯罪後を、一緒くたにしないことが大切です。

あわせて読みたい

「犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  5. 5

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  6. 6

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  7. 7

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  8. 8

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  9. 9

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  10. 10

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。