記事

米、北朝鮮制裁強化を安保理15ヵ国と近く協議か=外交筋

[国連 3日 ロイター] - 北朝鮮への制裁強化を目指す米国は近く、国連安全保障理事会の理事国15カ国全てと新たな決議案採択に向けて協議を開始する可能性がある。複数の外交官が明らかにした。

北朝鮮による7月4日の大陸間弾道ミサイル(ICMB)発射実験を受け、米国はこれまで中国と新たな決議案について協議してきた。北朝鮮は同月28日にもICBMを発射した。

中国の劉結一国連大使は3日、ロイターに対し、「われわれは懸命な取り組みを続けてきた。決議案についてコンセンサスが得られることを望む」と述べた。

複数の外交官によると、米国は早ければ3日にも理事国15カ国全てに新たな決議案を提示する可能性がある。米国は通常、中国の合意を得てから他の理事国との協議を正式に開始するため、米中間ですでに合意に達している可能性がある。

決議の採択には9カ国の賛成かつ拒否権を持つ常任理事国5カ国が反対をしないことが必要。

米国は新決議を巡る協議について、英国やフランスと非公式に情報を共有してきた。ヘイリー米国連大使はまた、中国が決議案をロシアに示し、話し合いを行ってきたと明らかにしている。

ヘイリー氏は今週初め、中国は対北朝鮮制裁の強化を支持するかどうか決断すべきだと強調している。

ロシアは3日、常任理事国は決議案について正式な議論を始めていないと指摘。中国の劉大使とこの日会談したロシアのネベンジャ国連大使は「米国と中国が合意したとしても、常任理事国の意見が一致しているという意味にはならない」と述べた。

米国の国連代表部はコメントを控えた。

ロシアは北朝鮮の2回の発射実験について、ICBMではなく中距離弾道ミサイルだったと主張し、欧米諸国の分析に反論している。外交当局者らによると、中国とロシアは長距離ミサイルの発射または核兵器の実験が行われた場合のみ、制裁強化が検討されるべきとの見解を示している。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  2. 2

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  3. 3

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  4. 4

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  5. 5

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  6. 6

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  7. 7

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  9. 9

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

  10. 10

    安倍首相の演説に各紙ツッコミ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。