記事

社員20人"元祖ハイサワー"レモン汁の秘密

1/2
レモンサワーのブームで、割り材の元祖「ハイサワー」にも追い風が吹いている。「わ・る・な・らハイサワー」の博水社は、社員20人の中小企業だが、商品づくりには徹底的にこだわっている。37年目を迎えるロングラン商品の秘密とは――。

■レモンサワーブームで業績好調

「レモンサワー」がブームになっている。レモンサワーとは、焼酎などの蒸留酒にレモン果汁とソーダを加えたアルコール飲料。さっぱりとした飲み口で、夏場にはうってつけだ。各社が新商品を競い合って開発しているが、「元祖」といえば、発売から今年で37年目を迎えるという博水社のお酒を割る炭酸飲料「ハイサワーレモン」ではないだろうか。かつて放送されていた「わ・る・な・らハイサワー」「お客さん、終点だよ!」というテレビCMに馴染みのある人も多いだろう。


田中秀子・博水社社長

レモンサワーのブームを追い風にして、業務用のハイサワーレモンの売れ行きも急増している。出荷数は3年連続で増加し、2016年は前年比7%増の約229万本、特に2016年後半10~12月では前年同期比の約25%増となった。

また、これまでは関東圏が中心だったが、名古屋、大阪、京都など関東以外にも販売網を拡大している。2016年10月からは居酒屋チェーン「塚田農場」の全国140店で、ハイサワーレモンをジンで割る「極レモンサワー」をオリジナルメニューとして提供。全店で1日4000杯が飲まれる人気商品となっている。

ハイサワーレモンの特徴は、上質のレモン果汁だ。通常は、皮ごとレモンを押しつぶして搾汁するが、博水社では、イタリア・シチリア島の契約農家で手摘みされたレモンを輪切りにして、果肉の中心部30%だけを搾るというぜいたくな「真ん中搾り」を採用している。そうすることで、皮のしぶみなど雑味や農薬が入らないという。

このハイサワーレモンを開発したのは、現社長の田中秀子(56歳)の父で、博水社2代目社長の田中専一だ。1981年の発売当初から、基本的にレシピは変えていない。レモン果汁に炭酸水、天然オイルを複数調合した秘伝のレモンフレーバーを加え、隠し味に微量の白ワインが入っている。甲類の焼酎や麦・米焼酎で割るとよく合うが、芋焼酎には合わない。

意外なことに、商品名は専一がこだわり抜いて開発したため、商品名を付けるに当たって、「俺サワー」「我サワー」「田中サワー」など珍案も出たが、専一はふと『吾輩は猫である』を思い出し、「我輩が作ったサワー」ということで「輩サワー」と命名、商標登録も「輩サワー」で取得した。ハイサワーが商標登録されて、他社は使えなくなったので、一説には「ハイ」と「サワー」に分かれて、○○ハイが関西、○○サワーが関東で広がったと言われている。

■女店主の愚痴から開発されたダイエット版

ハイサワーにはレモンだけでなく、グレープフルーツ、青リンゴ、うめ、ライムなどの果汁シリーズがある。100 cc当たりわずか6キロカロリーというダイエットハイサワー(レモンおよびグレープフルーツ)も2003年に発売した。2006年にはホップとレモンを使ったビアテイストの「ハイサワーハイッピー レモンビアテイスト」「同ビアテイスト」を発売。

このビアテイストのハイッピーシリーズが好調で、その後も2009年に「ハイサワー ホップ&レモン」「ハイサワーハイッピー ゼロビアテイスト」「ハイホップ シャルドネビアテイスト」と、次々に毎年2アイテムずつ新商品を開発してきた。

こうした商品開発は田中社長が中心となって開発チームで作っているが、その田中社長が1番の会心作というのが、2016年に発売された「ハイサワーハイッピー クリア&ビター」である。糖質・プリン体・カロリーゼロで軽い飲み口に隠し味のレモンが香る爽快感のある割り材と好評だ。


発売から今年で37年目を迎えるという博水社の「ハイサワーレモン」と2016年に発売された「ハイサワーハイッピー クリア&ビター」

「私もお酒好きなので、酒飲みの気持ちを考えて作りました。原材料200種以上の味を使い、0.001ミリリットル単位で組み合わせて配合する作業を繰り返して、さわやかなビターさと軽いビールを味わえるホップの香り、味の両方を追求し、試作品を100種類作って社員やお客さまに試飲してもらいながら、6カ月かけて開発しました。おかげさまで順調に売れています」(田中社長)

田中社長は、1982年の入社以来、年間約30日間は朝から約50種類の試作品を開発する方針をずっと続けている。試作部屋にこもり、時には寝泊まりしながら、化学実験器具を用いて、微量の原料を配合し、試飲する。

「父はベロメーターなんて言って、必ず新商品は自分の舌で最終確認していましたが、人間の舌はわずかな違いでもわかるものです」

もちろん、新商品開発は自分の舌だけでなく、ハイサワーを買ってくれる居酒屋やエンドユーザーの声も重視し、社員と一緒に定期的になじみの店を回っている。

2003年に発売したダイエットハイサワーも居酒屋の女店主の愚痴がきっかけだった。

「お客さんにごちそうになることが多いので、太らない割り材ってないのかしらと聞いて、カロリーを落としたダイエット版のハイサワーを開発したのですが、当時はそうした発想の商品がなかったので、バイヤーや居酒屋店主からは『酒を飲むのにダイエットなど考えない』『そんなちまちましたものは売れない』と散々な評判でした。しかし、その後、メタボ健診をきっかけにヘルシーがキーワードになり、あれよあれよという間にヒット商品になりました」(田中社長)

2013年には割り材メーカーとしては初めて酒類に挑戦し、「ハイサワー缶 レモンチューハイ」を発売した。

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  4. 4

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。