記事

新型iPhoneは9月発売がほぼ確定 米投資銀行アナリストが予測

Lauren Gensler ,Forbes Staff


アップルCEOのティム・クック (Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

次期iPhoneの発売に向けての期待が高まっている。8月2日発表のアップルの第3四半期決算(7月1日まで)は予想を上回る内容で、iPhoneやiPad、さらにはMacも堅調な売上を示していた。

アップルの株価は翌3日には6%の上昇となり、ダウ平均を史上最高値の2万2000ドルに押し上げる要因の一つになった。「上半期の成果が明らかになった今、アップルの投資家の注目は秋に発売のiPhone 8に注がれている」と投資銀行Drexel Hamiltonアナリストのベン・ホワイトは顧客向け資料で述べた。

秘密主義を貫くアップルは、次期モデルの発売日や機能はもちろん、iPhone の10周年記念モデルとなるこの端末の名前すらまだ明らかにしていない。

アップルCEOのティム・クックは次期モデルの発売に向けての関心が高まっていることを公の場で認め、一部で買い控えが起きていることも認めた。しかし、クックは「買い控えの影響は限定的だ。過去にも同じ懸念があったが、予想を上回る成果を我々はあげてきた」と述べている。

さらに、今回の決済発表で注目すべきはアップルが今後の第4四半期に向けて、強気の見通しを示し、次期iPhoneの発売が通常の9月から大幅にずれ込む懸念を払拭したことだ。第4四半期の売上予測をアップルは490億ドルから520億ドル(約5.8兆円)のレンジに設定しており、アナリスト予測の491億ドルを大きく上回る。この事は、同社が次期iPhoneの発売の遅延や、それによる売上の低下を見込んでいないことを示している。

「サービス部門」売上も過去最高に

投資銀行パイパー・ジャフレーのアナリストのマイケル・オルソンは「今回、アップルが提示した見通しは次期iPhoneの発売が遅れる、もしくは生産台数が低下するという心配を一気に吹き飛ばした」と述べた。

また、もう一つの好材料としてあげられるのが、アップストアやアップルミュージック、アップルペイ、iCloud等のサービス部門の売上が依然好調であることだ。第3四半期にアップルのサービス部門の売上は22%増加し、72億ドル(約8000億円)という四半期あたり過去最高の金額になった。

マッコーリー銀行アナリストのBen Schachterは「サービス部門の売上はiPhoneに次ぐ規模に成長し、アップルのさらなる成長を確実なものにした」と述べている。

アップルの株価は今年に入り38%上昇し、市場平均を大きく上回るリターンをあげている。

編集=上田裕資

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  2. 2

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  3. 3

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  4. 4

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  5. 5

    大ヒットネトウヨ本の粗末な中身

    PRESIDENT Online

  6. 6

    慰安婦と軍艦島 韓国若者の本音

    NEWSポストセブン

  7. 7

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  8. 8

    鈴木議員 マスコミの対応に苦言

    鈴木 たかこ

  9. 9

    仏教国出身者からみた日本の仏教

    にしゃんた

  10. 10

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。