記事

元山口組の猫組長 現在、悠々自適の暮らしができる理由

山口組三次団体の組長だった猫組長

 一昨年の山口組分裂以降、メディアに頻繁に登場する元ヤクザの一人が「猫組長」(53)である。元山口組の幹部であり、分裂騒動に前後して山菱のバッジを手放した。その後は「元山口組」という肩書きで発言し、注目を集めている。

 2015年12月に引退した猫組長は、山口組三次団体の元組長だ。その名が知られるきっかけになったのは同年8月、六代目山口組と神戸山口組に割れた分裂劇の直後から、「猫組長」のアカウント名で組織の内部情報をツイッターで次々と発信。

〈ほんまに割れた〉
〈昨日まで兄弟分だったのが今日からは敵。皆んなどうしてるのか〉

 など、内部の者しか知り得ない情報が話題を呼び、フォロワー数は5万8000人を超えている。

 現在、猫組長は裏社会と金融に関する雑誌連載を持ち、『山口組分裂と国際金融』(渡邉哲也氏との共著・徳間書店)などの著書を執筆するほか、今年6月には『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にコメンテーターとして出演。山口組の分裂騒動について、意見を述べていた。猫組長が引退時についてこう振り返る。

「やめて良かったと思っています。私が引退したのは分裂騒動のゴタゴタに嫌気が差して“ちょうど良いタイミングだ”と思ったのが一つ。もう一つはより本質的な理由です。私は暴力性こそがヤクザの本質と考えていますが、その暴力を躊躇なく行使できる精神も力も持てなくなっていた。ヤクザとしての自身の限界を感じたのです」

 猫組長は投資顧問会社から暴力団の世界に飛び込んだ「“カタギ出”のインテリ経済ヤクザ」(山口組関係者)とされる。

 現役時代のシノギは新株引受やインサイダー取引など、金融を舞台としたもので、1日で数十億~数百億円を動かす日も珍しくなかったという。

 当時は家賃200万円の超高級マンションに住み、月の飲み代は3000万円を超えていたというから、濡れ手で粟だったことが想像できる。

「私はヤクザとしては二流だったかもしれないが、ビジネスマンとしては超一流だったと思う。その時の蓄えがあるから、今、悠々自適の暮らしができる。

 暴力団排除条例には“5年ルール”があり、カタギになっても5年間は現役同様に家を借りられないし、新しく銀行口座も開けない。しかし、実際は銀行や証券会社は、元ヤクザでも信用があれば融通を利かせてくれます。私も証券会社に口座を持ち株投資をやっていますが、上場企業に行けば、いまだに“ヤクザが来た!”と嫌がりながら、社長が対応してくれますよ(笑い)」(猫組長)

 元山口組幹部として、今の暴力団を取り巻く状況をどう見ているのか。猫組長が続ける。

「昔は暴力により統治されてきた組織が、今や報復で人を殺せば実行犯が懲役30年、トップも組織犯罪処罰法により重い刑が科せられる。法規制があらゆる面で厳しくなり、今では私がやっていたようなシノギもできない。将来のビジョンを持つことは簡単ではないでしょう」

※週刊ポスト2017年8月11日号

あわせて読みたい

「山口組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  5. 5

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  7. 7

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    バノン氏「米中は経済戦争状態」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。