記事

21歳で"スナック"を開業 新米ママの6年

1/3

(週刊誌記者 安部 次郎)

「古臭い昭和の遺物」「おじさんたちの憩いの場」「料金システムがわからない」と、若い世代の足は遠ざかるばかりのスナック。しかし、今も飲み屋街を歩けば、スナックの看板はいくつも光り輝いている。なぜ、スナックはなくならないのだろうか――。一人の若きママの話から見えてきた、経営学としての「スナック入門」。

■大森の飲み屋街の片隅で

「オープンして半年くらいたった頃かな。酔ってお客さまと2人だったのに寝てしまって、目が覚めたら、そのお客さまが火にかけたお通しの鍋を混ぜてくれていたことがありました」



開業当時の失敗談を、カウンター越しの彼女は懐かしそうに思い浮かべる。場所は東京都大田区の大森駅。「地獄谷」「長屋横丁」などで知られる昔ながらの酔いどれの街。その一角にある「スナックAmi」の亜美ママだ。彼女は2011年、21歳の時に同店をオープンさせた。

21歳でスナックをオープン……。子を持つ親ならば、その行為をどう受け止めるだろうか。「スナックなんてやめなさい」と言うだろうか。ちなみに、アベノミクスでは起業支援という形で国が民間でのスタートアップを促したが、リスクが怖いのか、思うように数字は伸びていない。

そのような状況がある一方で、スナックの開業であろうとも支援もなしに自分の力で何かを始めた彼女の存在は、“酔っぱらい”の目からは興味深く見えた。さらに亜美ママのお母さまが店を手伝い、娘を支えているのも不思議な光景だ。

■「スナックブーム」とはいえ……

近年では芸人・玉袋筋太郎氏はじめ、各界のスナックファンたちもスナックを盛り上げようと立ち上がっている。最近では首都大学東京の谷口功一教授(法哲学)をはじめ、著名学者らが本業の合間にスナックを本気で研究した『スナック研究序説 日本の夜の公共圏』(白水社)なる著書まで出版し、一種のブームになっている。

ただ、高度経済成長下の日本ならいざ知らず、スナックが飲み会の2次会、3次会の定番場所であったのは今や遠い昔。経営者であるママらは高齢化し、先輩が後輩を飲み屋に連れていくという文化も希薄となったいま、顧客までも高齢化している。若者のなかには「何やら怪しい場所」というイメージが定着し、スナックという業態は衰退の一途にあるのが現実だ。なぜスナックなのか。

「じつは中学生の頃から地元・大森で焼き鳥屋のバイトをしていました。そこでいろんな方と出会う機会があり、社会勉強としてスナックにも連れていってもらって。大森には昔からスナックが多くて当たり前のように目にしていたけど、店に入ったのは初めてでした」

中学生だった彼女がスナックという場所で目にしたものは何だったのか。

「最初はオジサンの来る場所だと思って怖かったんですけど、そこでは別々に来たお客さん同士が会話したり、歌ったり、無邪気に笑いあっているんです。それを温かい目で見守りながら、時に冗談を挟むママがいて、一緒に楽しんでいる。つられて私も楽しくなってきて『なんだこの場所は』と衝撃を受けました。同時に、私もこんな店をやりたいと思ったんです」

■全国で10万軒以上

彼女は学校の進路相談で「スナックをやりたい」と打ち明け、担任を驚かせた。中学卒業後は高校に通いながら焼き鳥屋のバイトを週5~6日と増やし、大真面目に開業資金を貯め始める。高校を卒業すると、クラブのホステスとして水商売を勉強しながら、さらにお金を貯め続けた。



“銭の花の色は清らかに白い。だが蕾(つぼみ)は血が滲んだように赤く、その香りは汗の匂いがする”ってか。

とはいえ不思議なものだ。幼き頃の亜美ママがスナックにそこまで魅了されたにもかかわらず、日本ではこれまで、スナックは経営やビジネスの研究対象にはなってこなかった。都築響一氏や玉袋氏の関連名著はあるが、つまるところ飲みの流儀や文化のハナシである。

先に触れた書籍『日本の夜の公共圏』では、2013年当時の日本全国に存在するスナックの数が紹介されており、その数は概算で10万軒を超える。同時期、美容院が23万軒、不動産屋が12万軒、居酒屋が8万軒とあり、減少傾向にあるものの、スナックが巷にいかに多いかが伺い知れる、にもかかわらずだ。

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  8. 8

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    稲田氏守るべく地元は結束ムード

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。