記事

小池知事の就任一周年を迎えて。都民ファーストの「改革」機運は続くのか

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日8月2日をもって、小池百合子知事が就任してからちょうど1年が経つことになりました。

1年前の今日のブログを読み返してみると、たった3人の都議で小池百合子知事を出迎えたことや、その際に起きた様々な事件がまとめられており、この記事は非常に沢山の方々に読まれました。

自分で読んでみても懐かしいですね。。

小池百合子知事の初登庁も、都議会自民党らが通例を破ってまさかの「出迎え拒否」!
http://otokitashun.com/blog/togikai/12196/

内閣改造のニュースに押され気味ではあるものの、各種メディアも就任1周年にあたっての談話や社説などを発表しています。また、小池百合子知事自身も、都庁にて訓示を行いました。

言うまでもなく、情報公開を改革の一丁目一番地においています。ホームページに掲載している都政情報の充実、それから審議会等の公開を拡大すること、公文書の閲覧手数料の廃止などはもうすでに実現をしています。都政の「見える化」ということが着実に進んでいるかと思います。

その上で、都民目線で過去の課題を洗い出して、同時に、待機児童の解消、超高齢社会への対応、防災都市づくり、国際金融・経済都市を目指す取組、これまでに未来に向けた種まきも、この一年間で多々やってきたわけでございます。

(訓示より抜粋、強調筆者)

1年間の評価は色々とありますが、情報公開を始めとする改革が劇的に進み、私の任期4年間の中でも、圧倒的なスピード感を持って様々な政策が実現してきた1年だったと思います。

一方で、この最初の1年間は「ボーナスステージ」のような期間であったことも確かです。

前任者やあるいは都議会内の抵抗勢力といった、因習に囚われた古い政治勢力の「負の遺産」と向き合い、見過ごされてきた闇にスポットライトを当てれば、それだけで都民にとっては新鮮な衝撃となり、高い評価につながりました。

民間企業の営業成績などと同様、1年が経てば今度のライバルは「昨年の自分」となり、自分自身が課したハードルが大きく自分の前に立ちはだかって来ます。

さらには、都議会を知事支持勢力が過半数を占めたことで、

「抵抗勢力のせいで、改革が進まない」

という言い訳も許されなくなります。これから起こっていく事象はすべて、知事自身とそして都議会第一党である都民ファーストの会が、正面から受け止めていくことになります。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  3. 3

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  4. 4

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  7. 7

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  8. 8

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  10. 10

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。