記事
  • ヒロ

資金を出せば口も出る、これぞ新たな金融スタイル

1/2
私は日本の事業に対して某大手銀行より借り入れがあります。銀行とはこんなものか、と思わせるのは銀行は私の事業など全く興味がないし、事業の状況も聞いて来ないし、あいさつの連絡もありません。ある時、思わず銀行に連絡してみると「その担当はだいぶ前に転勤し、変わっています」と。どうにか新しい担当を探し出し、ようやく挨拶をしたものの覇気がない受け身姿勢の担当者でありました。

その担当者とお会いして半年以上経ちますが、やはり連絡は来ず、やる気どころか、私への貸し出しの存在すら忘れ去られているのかと勘繰りたくなります。理由は分かっています。金額が小さいのと返済が滞っていないからです。金額が少ないのは「当方に資金需要はある」と教えているのに銀行が営業してこないからであります。

変な話ですが、銀行からすれば貸した後、予定通り返済が進んでいる客ほど「上玉」で放置プレイ可能であります。本来であれば一番ビジネスになる客のはずなのに、です。もう一つは当初、借り入れ契約をした際の支店長以下法人営業メンバーが総入れ替えになっており、数字以外何ら引き継がれていないという銀行営業の最も弱い部分が露呈しています。

銀行がなぜ、貸し出しに苦しんでいるのか、問題の根源はここにも見出すことができるでしょう。かつては設備投資や事業拡大で皆、お金を借りたかったのです。それこそどんな金利でもよいから借りたいという社会が生み出したのが例えば商工ローンでありました。

ところが、以前書きましたように今は資金調達の手段はあまりにも多くなり、そのあたりにいる小金持ち(いや、大金持ちも)がひょいと融資や出資してくれる時代であります。つまり事業をする側から見ればお金に困っているというよりここからどうやって事業を成長させたらよいのか、迷っている経営者だらけなのであります。ところが銀行は原則、経営には口を出しません。助けにならないのであります。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  2. 2

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  3. 3

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  4. 4

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  5. 5

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

  6. 6

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

  7. 7

    スバルの強さは選択と集中がカギ

    片山 修

  8. 8

    水戸黄門 入浴は元AKB篠田で継続

    文化通信特報版

  9. 9

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  10. 10

    「若者は右派望んでいる」はウソ

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。