記事

米アップル、4-6月は増収増益 iPhone販売が予想上回る

[1日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が1日発表した第3・四半期決算(7月1日まで)はiPhone(アイフォーン)販売が予想を上回り、増収増益となった。

発表を受け、米株市場引け後の取引で株価は6%上昇し、最高値を更新した。

第3・四半期のアイフォーン販売台数は1.6%増の4103万台。ファクトセット・ストリートアカウントのアナリスト予想平均は4070万台だった。

ただ、アイフォーンの販売平均価格は606ドルと市場予想の621ドルを大幅に下回った。それにより、アイフォーンの売上高も248億ドルと、市場予想の255億ドルに届かなかった。

マエストリ最高財務責任者(CFO)は、アップルが報告しているのは消費者に販売した台数ではなく、小売り業者向けに出荷した台数(セルイン)であることを踏まえ、小売り業者の在庫から消費者に販売された「ハイエンド」機種の台数で計算し直すと、平均販売価格はより高いものとなると語った。

第3・四半期の純利益は87億2000万ドル(1株当たり1.67ドル)と、前年同期の78億ドル(同1.42ドル)から増加した。

売上高は前年比7.2%増の454億1000万ドル。市場予想の448億9000万ドルを上回った。

9月の新モデル発売を控えた第3・四半期決算は軟調となるのが通例だったが、今年の好調ぶりは消費者が新モデルの発売まで購入を控える傾向が薄れていることを示している。

アップルは第4・四半期(7─9月)について、売上高が490億ー520億ドルになると予想。トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想平均は492億1000万ドルだった。

アップルの第4・四半期決算は通常、最新モデルを発売した最初の週末の売り上げを反映している。

ジャックドー・リサーチのアナリスト、ジャン・ドーソン氏は、アップルの示した見通しで「少なくとも、アイフォーンの新モデルの一部がスケジュール通りに発売されることが確認された」と指摘した。

アイフォーン誕生10周年にあたる今年は9月に記念モデルの発売が予想されている。

第3・四半期の大中華圏の売上高は9.5%減の80億ドルだった。ただ、ここ数四半期ほどの落ち込みにはならなかった。中国本土の売上高は横ばい、アイフォーンの販売も横ばいとなった。他の製品の売上高は、中国と台湾で増加した。

マエストリCFOは、香港で売り上げの減少が目立ったと述べ、米ドルに通貨をペッグしている香港で観光客が減少していることによる影響を指摘した。

第3・四半期はアイフォーン以外の販売も好調。「iPad(アイパッド)」の売上高は49億ドルと、市場予想を10億ドル近く上回った。腕時計型端末「アップルウオッチ」の売り上げは50%増加、アップストアを含むサービス事業の売上高も21.6%増加した。

クック最高経営責任者(CEO)は、アップルが米国内3カ所の大規模工場建設を約束したとするトランプ米大統領の発言へのコメントを避けた。代わりに、同社の雇用創出の取り組みや米製造業向けの10億ドル規模の基金設立について語った。

CEOはまた、アップルが自律システム分野に「多額の投資」を行っていると述べ、開発領域を現在の自動運転車から拡大する可能性を示唆。「自律性はあらゆる人工知能(AI)プロジェクトの源だと考える。自律システムは多様な分野に利用でき、車はその一部に過ぎない。この先は話したくない」と語った。

*内容を追加して再送します。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  4. 4

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  5. 5

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  6. 6

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  7. 7

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  9. 9

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  10. 10

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。